RG ガンダムアストレイ レッドフレーム
完成報告。

当ブログ今年最初の完成報告はRGガンダムアストレイレッドフレームで御座います!

何か正月っぽいものはないかと昨年11月頃からあれこれ検討した結果この機体に2018年のトップバッターを務めてもらう事にしました。

あまり細かいこと言うまでもなく非常にカッコ良いキットです。

赤い部分は黒下地の上にEXシルバーを吹き乾燥後クリアーレッドのキャンディ塗装。

銀色の部分は黒下地の上にEXシルバー。敢えて黒サフを残したりして立体感と重量感を出しました。

背面も隙の無い造形で満足しています。

頭頂部付近にあるセンサーはキットのクリアパーツの上に付属のリアリスティックデカールを貼り更にその上からUV硬化式透明レジンを滴下しテカテカ仕上げに。

この質感。塗装では難しいと思います。

最近使い出すようになりましたがこの透明レジンは本当に使えます。

ご尊顔も大変すばらしい造形とパーツ割り。

この機体がどのような作品に登場するのか私は全く知らないのですがそんな事どうでも良くなる程カッコ良いデザインです。

コーションマークはHIQパーツの水転写デカールを使用。

同スケールのフィギュアが付属します。

撮影時気付かなかったのですが埃がくっついていたので後ほど除去しました。

ぶっとい刀が付属します。
ガーベラ・ストレートというそうです。

刀身は鞘から引き抜く事が出来ます。刃は美しいメッキが施されています。

ビームライフが付属します。
これもカッチリした造形とパーツ構成で素晴らしいです。

シールド。
こちらもまたサイズ、造形、パーツ構成共にパーフェクトな内容となっております。

ビームサーベルも付属。
手首に接続するサーベル柄のピンを一本折ってしまいました。タイト過ぎるので塗装される方は少し削っておいた方が良いと思います。

サーベル柄のピンが一本折れているのでぐらつきますがポージング自体は充分決まります。

RGお馴染みの可動手首は相変わらず保持力が怪しいですし指そのもののポロリも多いため今回使用していません。

一応塗装しましたが可動が絡む軟質樹脂製の部分の塗膜がやはり剝げます。あとコクピットハッチの開閉ギミックも非常に繊細なパーツを頼りに行ないますのでそこも安全のためオミットしました。

それはそうと次の完成品はこちらになります!

なかなかお正月感溢れる配色となっております。

本体及び付属品一式。

という事でRGガンダムアストレイレッドフレーム完成報告でした。

詳しい事は何も知らない機体ですが本当に良く出来たキットで非常に複雑なパーツの連続で模型的な魅力に溢れています。

RGトールギスが先日参考出品されましたが是非出して欲しいですね〜RGでは武者頑駄無や騎士ガンダムなんかも出してくれやしないかと毎年期待しています。

とちょっと話が逸れてしまいましたが組み応えと組む楽しさのバランスが極めて秀逸な名キットです。ということで三連休のお供に是非。

This entry was posted in RG_ガンダムアストレイレッドフレーム and tagged , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*