バンダイ 1/72 タイ・アドバンストx1
パチ組みレビュー。

000
今年二回目の投稿はタイ・アドバンストのパチ組みレビューです!

001
クリスマスプレゼントとして能楽師をやっている先輩からいただきました。
このシリーズはずっと欲しかったのですがガンプラと比べて高額で(といっても他社製キットより遥かに安価で安定供給されております)手が出なかったので大変嬉しかったです。

勿論その日のうちにパチ組みしました。箱絵はデススターでの戦闘シーンを彷彿とさせる迫力あるものとなっております。

002
組立説明書。かなりカッコ良いです。

003
中身は当ブログで作ったストーム・トルーパー、ボバ・フェット等と同じく独特な紙面構成となっております。

004
シールと水転写デカールどちらも付属豪華仕様です。
これはガンプラでも是非やって欲しいです。

005
ということでパチ組み。
もの凄く密度感があるキットなのですが超絶的なパーツ抜きや色分けですがパーツ構成自体は非常にシンプルです。あっという間に形になるとても作り易いキットです。

006
パチ組みしただけでこのクオリティ。。。劇中から飛び出して来たかのような出来映えです。

007

側面。

008

背面。

009
細かいモールドがバシバシ走っていてスミ入れや部分塗装をすると更に映えそうです。

010
コクピット廻り。クリアパーツと選択式です。

011
天板もクリアパーツと差替え式。

012
でこれがクリアパーツです。
劇中のイメージに近づけたければ何れを選択しても部分塗装した方が良いと思います。

013
こちらが付属品です。

014
エフェクトパーツを取り付けてみました。
同スケールのダース・ヴェイダーが付属します。素立ちとコクピット着座状態、計二種付属。

015
ビーム発射エフェクトは意外に様になります。

016
ちょっと見難いかも知れませんが天板を外すとヴェイダー卿が。

017
タイ・アドバンストx1の特徴的な側面のパネルはなんと一体成形です!

バンダイの伝家の宝刀、多重インサート成型でしたっけ。旧HG等で多用されました。ガンプラではめっきり使われなくなりましたがこの超絶整形技術は今も健在です。

018
基本的に合わせ目もモールドと同化しておりますのし多重インサート成型までされおりますから今回も簡単フィニッシュで僅かな手数でリアルな仕上りを目指してみたいと思います。

019
モールドもシャープなので極僅かな彫り直しだけで良さそうです。

020
完成させて事務所の目立つところに飾ろうと思います。

021
では恒例の身体測定ですがまずは1/12スケールのボバ・フェットと。

022
HGUCザクF2とマンロディとの比較。
マンロディも簡単フィニッシュなので同時進行でやっていこうと思います。

023
昨年のクリスマスは沢山のプラモをいただきました。念願のメタスも遂に我が家にやってきました!

この写真には写っていませんがあの超巨大キットもいただくというビッグサプライズが!

こちらは後日改めご紹介致します。撮影ブースに全く収まらないのでどう撮影しようか思案中です(笑)

024
次回予告はこれです!
「フォースの覚醒」を先日観てきましたが素晴らしい出来で感動しました。
個人的にはやはりフィンとBB-8が最高にお気に入りです。

ジョン・ボイエガという人を初めて知りましたが凄い名優ですね。ストーム・トルーパー時代の演技もあのマスクを被ったまま狼狽したり悩んでみたりを上手く演じていました。冒頭のカイロ・レンと目が合って気まずい沈黙が流れるシーンがとても好きです(笑)

あと中盤でポー・ダメロンの革ジャンを来てストーム・トルーパーと闘うシーンはその服装のせいか普通のスターウォーズファンが劇中の世界に紛れ込んでテンパりながら闘っているような絵面になりそこも面白かったです。

そしてカイロ・レン、賛否両論あるみたいですが私はお気に入りのキャラクターです。とにかく今までにないダークサイドの戦士でしたね。とてもシスとは呼べない若くて未熟な男でダース・モール等と比べたらずっと弱いとは思いますが未熟であるが故の暴走っぷりが今までの暗黒卿とはひと味見ふた味も違う恐ろしさを醸し出していました。

こちらもキット化されるみたいなので当ブログで是非作りたいと思います。

025
ということでタイ・アドバンストx1でした。
極めて出来の良いキットです。タイ・ファイターを二機追加して飾ることになるかと思いますが(笑)まずはx1を簡単フィニッシュでバシッとカッコ良く仕上げてみたいと思います。ご期待ください。

2 thoughts to “バンダイ 1/72 タイ・アドバンストx1
パチ組みレビュー。”

  1. 新年明けましておめでとうございます。(_ _)

    TIEアドバンスト、いい造形していますね~。ただソーラーパネルの多重インサート成型は全塗装派の人には多少面倒かも…。水転写デカールはガンプラでも取り入れて欲しいですね。特に機体番号やエンブレムがシールじゃなくなれば嬉しい限りです。

    フォースの覚醒は自分も観てきましたが、かなり見応えありましたね!
    特に「例のガラクタ」のエンジンに火が灯った瞬間、SWが始まるって感じがして鳥肌が立ちました。新キャラたちも活躍を見て好きになれましたし、Ⅷ以降の活躍に期待です。

    ところでこちらではBB-8とR2のプラモは作らないのでしょうか?とても素晴らしい出来なので組んでみる価値はありますよ~。

    1. ちーちゃん様

      明けましておめでとう御座います!
      返信が遅くなり大変失礼致しました。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

      確かに多重インサート成型は一長一短ありますね。
      以前の私だったらマスキングしたりしていたのですが最近は挟み込みが多用されていたり、今回のタイ・アドバンストのように多重インサート成型が施されていたりしたら迷わず簡単フィニッシュをするようにしています(笑)

      ご教示いただきましたBB-8とR2-D2、当ブログでも必ず取り上げたいと思います。貴重な情報有難う御座いました!

      今後ともご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください