TAKOM(タコム)1/35
シュコーダ 42cm M.1917 重攻城用臼砲
進捗報告。


TAKOM 1/35 シュコーダ 42cm M.1917 重攻城用臼砲の進捗報告を行います。


配色はこのような感じにしてみました。


昨年の二十八糎榴弾砲同様リアルさを追求して汚しまくるより金属的な重量感を優先しました。


仰角可動はPCを通した軸を経由して歯車を噛み合わせるというものでしっかりとした保持力があります。


という事で本体は間も無く完成予定です。


続いてマンシュタイン。


黒サフを吹きました。


ここからは筆で塗装していきます。


フィギュアは今ひとつ自分なりの塗り方というものを確立出来ておらずいつも手探りですがどっしりとした質感を出せるよう努めます。という事でシュコーダ 42cm M.1917 重攻城用臼砲は近日完成予定です。

並行して製作してきたリゲルグも現在デカールの乾燥待ちでして予定通りいけば明日完成報告出来ると思います。という事であれこれご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください