タミヤ 1/24
1989 ザウバー メルセデス C9をつくる。


ようやくデカール貼りに取り掛かりました。
本日は2件投稿する予定です。


付属するデカールは薄くて丈夫で発色が良、非常に品質の高いものです。

2021年12月30日22時15分追記
それもその筈水転写デカールはカルトグラフ製でした。貼り終わって台紙に印字されていたクレジットに気づきました笑


埃やマークセッターの水滴が残っていますので確実に取り除いておく必要があります。


しかしデカール貼ると一気にレーシングカーらしさが増しますね。


一時はどうなる事かと思いましたがいよいよ完成が見えてきました。


先ほども書きましたが、指紋、埃、マークセッターの残留分を確実に取り除き水転写デカール乾燥後トップコートを複数回吹き付け研ぎ出していきます。


リアウィングのエンドプレートはエッチングパーツとプラ製パーツの選択式なのですがせっかくなのでエッチング製のものを使用したいと思います。シャープさの次元が違いますからね、という事で今回は以上です。本日は夜にもう一件投稿したいと思います。そちらは現地報告系の記事となる見込みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください