タミヤ ウォーバードコレクション No.91
1/72 ロッキード マーチン
F-35B ライトニングII をつくる。


まぁ私の場合ほとんど毎度のことなんですが、戦闘機模型の胴体を貼り合わせる前にパイロンやその他諸々の付属品を取り付けるための開口作業をし忘れてしまい今回も面倒な事になってしまいました。完全に自業自得ですが。


レーダーリフレクターは接続用の突起が造形されているのですが、胴体側の開口作業が私がし忘れていたのでこれらを活かす事が出来ません。今回根本からカットしました。


目測で接着。機体上部には2箇所。


機体下部には1箇所。
タミヤセメントでガッチリ固定です。


ウェポンベイのヒンジ等は今更ようやく塗装。
ベースホワイトブシューで乾燥後スミ入れすればいっちょ上がりです。


アムラームやスパローのフィンを塗り忘れておりましたのでこれまた今更塗装。


手持ちのエナメル塗料にガンメタがなかったため、ラッカー系塗料を面相筆ではみ出さないよう慎重に塗りました。

その他ミサイルを運ぶ手押し車的なおまけパーツもようやく塗装に取り掛かりました。

この記事を投稿したらいよいよパイロンを取り付けようと思いますが、こちらも私の手落ちで胴体貼り合わせ前に開口していないため完全に目分量で位置決めせねばなりません。自業自得ですが慎重に対処してカッコ良く仕上げてみたいものです。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください