ウェーブ 1/20 Ma.K.
S.A.F.S. をつくる。


wave 1/20 S.A.F.S. 今回は自己流アレンジして形状を変えることにしていたのですがあらかた形になってきました。


まずは本体のサフ吹き。


私の組み付けが悪いのかキットの精度がアレなのか原因はわかりませんが頭部ハッチの締まりが著しく悪く蓋が浮いています。


仮組みした時は気にならなかった記憶があるので当時の写真を見直しつつおいおい調整していきたいと思います。


ジャンクパーツやプラ材、お助けパーツを使って背負いものを自作してみました。


今まで捨てずに保管して来た余剰パーツやジャンクパーツが相当あるんですがそれらが火を吹いた形です。


タンク先端のタービンと最下部に付くノズルは アカデミー科学 1/72 ストライクイーグルを作った時に出た余剰パーツで特にタービンはハイゴッグのタンクにピタリと合います。

その他ストライカージンクスや ルビコンモデルス 1/56 ヘッツァー、MG RX-78 ガンダム Ver.3.0等々の余剰パーツと完全に進捗が止まって何年も経過したローゼンズール等からパーツを持ってきました。


なかなかに前傾姿勢の似合う装備となりました。


あとコトブキヤのジョイントセット6も大活躍しました。タミヤの0.5mmプラ板等も要所で使用しています。あと0.5mm真鍮線などは当ブログ恒例のアイテムですが今回は完成後露出する場所にも使ってみたりして普段やらないような使い方もしています。


なかなか仰々しい感じに仕上がりそうで楽しみです。


ハッチの精度が気になりすぎたので開けてみたらこれまた良い感じ。自画自賛ですけど。


ここまでアドリブアドリブで来ました(笑)
自由に好き勝手やってます。


頭部パーツもあらかた塗装が済んでます。


頭部は後でドライブラシして輪郭や造形を強調したり血色を良くしたりすればかなり良い感じになりそうです。ということで今回は以上です。

こちらも完成が見えてきましたが急ぎではないので一旦止めて今週は他のキットをいくつか何としても完成させたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください