第55回全日本模型ホビーショー
その一
ガンプラ編。

000
今回はいつもと趣向を変えて現地レポート記事を投稿致します。
こうした記事は当ブログ初です。

001
先月仕事で東京出張が入り、その最終日が午前中一杯で用事が終わることが分かっていたのでこれは何としても模型ホビーショーに行かねばと決めておりました。ちょうどこちらも最終日だったのです。

002
一路羽田に。

003
ボケちゃいましたが無事羽田に到着〜
ここから暫く永田町方面で仕事です。

004
はい、無事仕事終わりました(笑)
山王付近で休憩。今回は全くお金を無駄遣いせず9/27まで持ちこたえました。

005
ビッグサイトは相変わらず盛況です。
10年程前東京で働いていた私は学会やら展示会で何度もブースに立っていました。久し振りに豊洲、有明、青梅、お台場など所謂「東京臨海副都心」立ち寄って驚いたのは周辺の開発具合ですね。すっかりベッドタウンとして町づくりが進んでいました。当時はペンペン草が茂る如何にも埋め立て地といったエリアが拡がっていました。

東京という街とそこに済む人達の途轍も無いエネルギーを垣間みた瞬間でしたね。本当に凄いちょっと戻りたくなってきました(笑)

006
ということで入ります!

007
チケットは1,000円。

008
いきなりガンプラとは関係無いですが惹かれました。
こういう時しか見る機会がないので新鮮です。

009
動画も色々撮ってきたので機会があればいつか投稿したいと思います。

010
メタリックコーティングのオリジン版黒ザクは完売!
非常に美しかったです。パチ組み派の方には堪らないアイテムですよね〜

011
アメイジングレッドウォーリアも完売!

012
黒ザクもレッドウォーリアも塗装でこの質感を出すのはほぼ絶対に不可能なので欲しい方が多いかと思います。

013
バンダイブースは勿論最大でした。

014
鉄血のオルフェンズの告知ビデオが大画面スクリーンで展開されていました。

ちょうど放送開始一週間前だったです。勿論私も期待はしていましたがあそこまで素晴らしいスタートを切るとは思いもしませんでした。

一話がピークになるようなこともなく二話、三話と現在まで回を追うごとに世界観に引き込まれていきます。

015
そうそうこの写真見るまですっかり忘れていましたがキャンペーンをやっています。是非!

追伸
鉄血のオルフェンズ関連キットのご紹介は後ほど。

015b
お先にREVIVEから。

015c
当ブログでは四体も買いましたが未だ完成していないREVIVE版ガンダム。

プロトタイプガンダムの作例が展示されていました。

当ブログも急がないと…

015d
REVIVEも怒濤のリリースラッシュで年末に向けて畳み掛けてきます。

ネットで色々言われているREVIVE版ガンダムMk-IIですが個人的にはかなりカッコ良いと思います。

016
ティターンズ版も一般販売されるということでパチ組み派の方には特に朗報だったかと思います。

017
年末の目玉のひとつREVIVE版キュベレイ。
非常にメリハリの効いたフォルムが美しいです。当ブログでは最低でも三体制作する予定です。

017b
REVIVE版グフの試作品が展示されていました!
当時は参考出品扱いでしたが後日2016年の販売が正式に発表されましたね。もう少し細かいところを練り直したらかなり期待出来るものになるのではないでしょうか。非常に楽しみです。

018
ガンプラEXPO限定アイテムが展示されておりました。

019
ビルダーズパーツ。
このシリーズは個人的に「惜しい」アイテムが多過ぎると思います。テコ入れが必要な気がします。

020
さてお待ちかね「鉄血のオルフェンズ」関連キットです。
グレイズも勿論良い感じですがこの「百里」ってなんじゃこれ?どう考えても当ブログ向けのナイスデザインではないですか!必ず作ろうと思います!!

021
ソロモン72柱から着想を得ているのは明白です。ガンダム「キマリス」。GP02等にも通じるいかにも正統派な?ヒール系ガンダムです。

百練は00なんかにも出てきても違和感なさそうなデザインです(笑)

個人的に最も欲しいのが右前にある蛙ガンダムことガンダム「グシオン」。完全にソロモン72柱ですね。このキットは個人的にアレンジしてやってみたいことがあります(意味深wwwwww)

右後のマンロディも素晴らしいデザインでこれまた蛙を彷彿とさせます。エルフ・ブルック風の脚部デザインもシルエットとのギャップがあって面白いです。勿論これも「買い」です。

022
そしていまやすっかりお馴染みとなったバルバトス。

023
グレイズも1/100スケールでキット化されます!
バンダイの本気具合が伝わってきます。

024
既に皆様ご存知の通り、倒した敵から装甲や武装を奪って取り付けていく感じでアップグレードしていきます。二話と三話のOPで既にバルバトスの装備が変わっていました。実に芸が細かいです。

この写真を見るにシュバルベ・グレイズは負ける?まあそうでないと話が先に進みませんしね(笑)

025
地味ですがグレイズ改が非常に気になっており、そのデザインからして当ブログではあの白い機体風にアレンジして制作していきたいと思います。来月初旬発売です。

026
オプション&モビルワーカーセット。

027
モビルワーカーにあれ程の見せ場があるとは当時は思いもしませんでした。
今後も宇宙用含めてちょくちょく活躍しそうですね。

028
ここからはプレバン関連です。
マリーダさんのバンシィです。

ちょっと私のガンプラ予算と制作スピード、そして住宅事情からしてこのキットを作る事は多分ないと思いますが(笑)これを手にする選ばれし方々は羨ましく思います。いつかPGもやってみたいですね。

029
続いてMG量産型百式改。
これは嬉しいという方が多そうです。ちなみに完成後も百式に組み替える事が出来るそうです。

030
成形色もメッキではないので塗装派の方にも嬉しい仕様です。

本機の予約受付開始に伴ってハイメガランチャーとバリュートが再販となります。

031
RGブルーフレーム。
今後もRGアストレイはプレバンの申し子かの如く多様なリデコ色替えキットをリリースしてくるかと思います。

032
MGアルトロンガンダムっていうんですかね?全く知識がないので間違っていたらスミマセン(汗)

パーツ構成が見事で実物を見ているとついつい唸り声を上げてしまいます。マスターグレードは伊達じゃないですね。

033
クロスボーンガンダムX2&X3が再販です。勿論プレバンです。

HGUCでX2が一般販売される日を今か今かと待っていましたが先日X2改がプレバン行きしましたので望み薄と見た方が賢明かも知れません。。。

034
HGBFターンエーガンダムシン。個人的にはこれも目玉商品だと思っています。

如何にもプレバン、これぞプレバンと呼べるアイテムかと思います。沢山売れると良いですね。私も欲しかったのですがガンプラ予算の都合で注文を諦めました。。。

二次受付が始まったのでもしかしたら発注するかも知れません。

035
話題の?!ガンプラケーキ。
「こういうのは大抵マズいもんね〜」と言っているオジサマに「味にもかなりこだわっています」とバンダイの方が力説していたのが印象的でした。

036
そしてプロトタイプグフ。
私は先日完成させた「戦術実証機」の方がプレバン行きしそうな気がしましたが面白い采配となりました。

戦術実証機はもう一箱我が家にあるので次は簡単フィニッシュでエンジョイしてみたいと思います。

037
モビルワーカーは意外に小柄で可愛かったです。青い成形色のランバ・ラル機はプレバン行き、オレンジのマッシュ機が近日一般販売されます。

038
MGジェスタキャノンがプレバン行きしたことに驚いた方は多いかと思います。

039
死んでなかったRE1/100!!!
あくまで企画中とのことですのでこのパネルに載っている機体が必ず商品化されるというわけではないそうですが期待せずにはいられませんよね。

040
最後は MG V2ガンダム Ver.Ka。
5年前はMG化不可能とも言われていましたが年末発売されます。勿論一般販売です。

胴体のバランスがどうのこうの言われておりましたが現物は非常にカッコ良かったです。

ということで今回はここまでで御座います。
現場で川口名人をとMAX渡辺氏が談笑していたのですが緊張してお声掛け出来ませんでした。

今回の東京出張では国会議員の先生方や学者の方とガッツリ意見交換し合ったり、夜は一緒に御食事を摂ったりして交流してきたのですがそんな人見知りなど有り得ない私でも川口名人だけは別格なのです(笑)

次のレポートはいつになるか分かりませんがスターウォーズ関連商品を中心に投稿出来ればと思います。ということでご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください