RE1/100
ガンダムMk-III
完成報告。

000
今回はRE1/100 ガンダムMk-IIIの完成報告です。

000b
ガンプラを始めて三十年以上が経ちましたが、その間で唯一発売前に予約をしたのがこのキットです。(プレバン除く)

ナイチンゲールや本機は80〜90年代初頭当時のガンプラ少年なら一度は立体化してみたくなる機体だった筈です。なんせキット化されていませんでしたからね。

001
前置きが長くなりましたが正面。
非常に美しいフォルムのキットなのでプロポーションは一切いじっていません。

エッジ出しとモールド追加、そしてバックパックの取り付け軸の延長等を行いキットの出来の良さを尊重しつつ細かいところを保管するという方針を採りました。

002
昨年に引き続き今年も1/100スケールのキットを完成させることが出来ました。

003
側面。

004
背面。

005
可動も優秀です。

007
頭部。

008
センサー類は付属のホイルシールを貼りました。下手に塗装するよりも遥かに発色が良いです。

009
どのガンダムとも似ていない不思議な顔立ち。パーツ構成も見事です。

010
胸部。

011
肩。
今回も要所要所に金属球を埋め込んでいます。

012
驚異的なパーツ構成で本体に合わせ目消しが必要な箇所が出ません。

013
各種マーキングはHIQパーツとウェーブの水転写デカール、そしてキット付属のテトロンシールを一部使用しています。

昔はキット付属のテトロンシールやホイルシールを使う事に抵抗があったのですがツインアイやセンサー部分は手で塗るよりもホイルシールの方が遥かに光を上手く拾ってくれます。

テトロンシールはトップコートを吹いた後に貼付けると非常によく馴染む事が分かって以来、特徴的なマーキング等を使いたい時等に使用しています。

014
フロントアーマー部分はモールドを追加して複雑なパネルラインにしてみました。

015
配色は設定では挿し色が赤でしたが今回は好みでスカイブルーにしてみました。ガンダムセンチネルに出てきてもおかしくない雰囲気を目指しました。

016
脚部も造形&パーツ分割が巧みでこれまた合わせ目消しが不要です。

018
足下。

019
踝の謎のブロックもしっかり別パーツ化されておりアクセントなっております。

021
背中のバインダーはかなりフレキシブルに可動します。

022
メインバーニアはブルーシルバー風に調色したものを塗りました。内側は白です。

022b
リアスカートも大きく跳ね上がります。

023
手首は平手、完全な握り手、武器持ち手とも左右分付属します。
私は固定指派なのでこの構成に大満足です。

024
ビームライフル。

025
シールドを装着して。

026
専用パーツを股間に取り付けることでアクションベース1に対応させることが出来ます。

027
3mm丸穴を使わず専用ジョイントで接続しますので浮かせて飾りたい場合はアクションベース1の一択となります。

028
普段1/144のガンプラばかり作っているせいもあって圧倒的な迫力を感じます。

029
外見上のディテールも細かいのでMGと並べても全く見劣りする事はないかと思います。

030
寧ろこちらの方がハイディテールだったりします。

031
左右どちらでも武器が持てます。

032
シールドも左右どちらの腕でも装備可能です。

033
ビームサーベルはシールドの表側にあります。
なかなかトンデモない場所です(笑)

034
取り外す時は爪楊枝等を使えば安全に取り外せます。

035
ビームサーベルの刃はいつもの1/100サイズのものです。調度良い長さで取回し易いです。

036
勿論左右どちらの手でも持てます。

037
MGで定番化した内部フレームや裏打ちパーツ等を廃し少ないパーツ数でハイディテールな仕上りを目指したのがRE1/100ということらしいのですが私にはこれでも相当な情報量に感じます。

仮にMGでガンダムMk-IIIが出ていたら完成させる事が出来ていたか分かりません。。。(笑)

038
ビームキャノンはある程度前方に向けることが出来ます。その際は角をかわして可動させます。

039
シールド単品。

040
裏側。

041
マガジンを二種四個装着可能です。
腕部との接続パーツは良く出来ていて本体の可動を妨げない工夫と充分な保持力が備わっています。腕部との接続は塗膜で厚みを稼いでいる分、奥まで挿入せずに半挿しくらいでちょうど良いかと思います。

042
ビームライフル単品。

043
ということでRE1/100 ガンダムMk-IIIの完成報告で御座いました。

当ブログでは1/100キットが半ば鬼門のような扱いになっておりますが昨年から少しずつあれこれトライしています。

RE1/100は昨年のナイチンゲールのパチ組みレビューがどうやら世界最速?コンシューマーレビューだったようであの記事だけ破格のアクセス数を誇りました(笑)

ちょっと完成が遠のいておりますのでナイチンの方も作業を再開して来年の上半期には完成出来ればと思います。

さて次回ですがちょっと私の体調が芳しくないので細かい制作記事ははしょって一気に完成報告になるかも知れません。これはバルバトスとカミキバーニングガンダムのことを指します。

並行してそろそろ模型ホビーショーの現地報告記事なんかも箸休め的に書いてみたいと思いますが膨大な写真からピックアップする気力が湧かず間もなく一ヶ月が経とうとしております。。。

ということでちょっと予定は不明瞭ですが完成が近いキットが2つあることには変わりませんのでまずは完成を急ぎます。当ブログのコンセプトは「難しいことは出来ないけれどその時点で出来ることを駆使して何とか完成に漕ぎ着ける」ですので手を動かすことを優先していきたいと思います。ということで今後ともご期待くださいませ。

This entry was posted in RE1/100 ガンダムMk-III and tagged , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*