HGBF BG-011B
ビルドバーニングガンダム
次元覇王流で完成報告!!

000

「あれは…あの機体は!」
HGBFビルドバーニングガンダム完成報告であります。
手持ち武器など一切無いのに思いっきり派手な熱いキットです。

001

先月の9日にパチ組みレビューをしましたのでちょうどひと月ほどで完成しました。

といっても実際の作業は恐らく一週間程です。それくらい組み易く、後ハメし易く、塗り易いキットで今年屈指の名作キットだと思います。

ガンダム世界では大抵ライバルで赤を使うことが多いため主役機が赤いというのは非常に珍しいですね。

002

格闘特化型な超武闘派MSで背面は非常に潔いです。
今回は悩んだ結果関節以外はグロス仕上げにしました。予想以上に似合っていたのでこれで良かったと思います。とても気に入っております。

あとはモールドを追加したりホログラムシールを貼込んだり、要所要所に金属球を埋め込んだりして如何にも武闘派っぽく仕上げてみました。

003

今回は細かい話は抜きにしてひたすらアクションシーンの連続という構成になります!

004

いきなりストレート!
肩の可動が革命的です。

惜しむらくはポージングの際に腕部付け根が外れ易いことです。動かす際に取れ易いというだけで決してポロリしやすいと言うわけではないので慣れてしまえばさして困る事もなくエンジョイ出来ます。

005

ビルドファイターズトライ本編では今のところ拳で大抵の問題を解決していってます(笑)

主人公の女の子と拳法少年ですか?この二人はとてもガンダム作品の主人公とは思えぬ体育会系脳全開で観ていて非常に好感が持てます。

過去に傷やトラウマを負った天才肌というある意味伝統的な主人公タイプの眼鏡男子とちょうど良いバランスを保っているように思います。眼鏡男子ですワ。ワクテカですワ。

006

今回はジオン水泳部の協力を得ました(笑)最近完成したカプールとまずは絡めてみました。

格闘特化型で表情豊かなキットなので共演者を添えると更に臨場感が増します。

007

クリアパーツの発色が素晴らしいです。本作例のクリアパーツは全てキットのまま、成形色です。光をよく拾ってくれます。

008

手首パーツが豊富に付きます。穴空き握り手とクリア握り手以外の手首は全て根元に可動ポイントが仕込まれており素晴らしい演技を実現します。

更に凄いのはこの可動ポイント部分のパーツの嵌合が絶妙で手首を交換する時にきっちりと外れて欲しい部分で外れます。これは何気に凄い技術だと思います。

009

抜き手!

010

手刀!
全身の関節が実に滑らかで立て膝なんかも美しい自然なフォームで実現します。

011

「ちょ、ちょっと勘弁してくださいよ〜〜」
可動が優秀で手首の表情も豊かなのでこうしたポージングもお見事です。

012

カプールに加え後ほどゾゴック三人衆と対決させます。

013

アッパ〜
今回は似たようなアングルの写真が多かったですかね…….

014

キットのお顔は設定画まる無視で男前に仕上げてきました。これは英断だったと思います。HGUC版のF91や陸戦型ガンダム風のマスクにアレンジされています。

015

ヘルメットは前後モナカでしたがマスク部を後ハメ加工し合わせ目は消しました。

ツインアイと額のセンサーは付属のホイルシールを貼りました。

016

ガンプラというより仮面ライダーみたいな実写ヒーローもののアクションフィギュア的魅力に溢れています。

017

流派東方不敗!!!!
あんまり上手く出来ませんでした。やっぱりちゃんと『G』を視聴してからでないとマスターアジアの真似事など畏れ多くてやるもんじゃないのかも知れません(笑)

018

せ、セーフ〜!
何となくやってみたかったポーズですwww

019

中洲やススキノでこういう光景をたまに見かけますwwwww
セーフではなかったようです。

020

白刃取り!

021

ぬおおおおおっ〜
第一話でドムの中から出てきた時はほんとにたまげました。演出も熱くて興奮しました。ああいう展開はBFならではですね。

022

正式名称はわかりませんが所謂「本気モード」に入るとクリアパーツがオレンジ色に変わります。

付け替える場所は胴体上部、肘部、脛部となります。

本キットの優秀な所としてこれらのパーツ差換えがとても円滑に行えます。こういう頻繁に部品交換を行う箇所は固すぎず、緩すぎずの嵌合でなければならず大抵はモデラー側が調節する事が多いのですが本キットは無改造でストレスフリーな差替えを実現しています。流石バンダイ、流石ガンプラですね。

023

脛部のクリアパーツ。

024
肘のクリアパーツ。
青い時と同様キットのまま使用しています。実に美しい発色です。

025

さあて、いよいよゾゴック達と対決です。

026

股間にはいつもの3mm丸穴がありますので各種汎用スタンドに接続出来ます。

027

「次元覇王流聖拳突き」用のエフェクトパーツを装着。

028

黄色瞬殺!

029

「炎のエフェクト」を装着してみました。
ガンプラとファイターのコンディションが最高潮に達した時出てくるとの事です。設定上はプラフスキー粒子が炎のように見えているのだそうです。

とにかくこのパーツが私は気に入りました。闘魂ガンダムですよこれは(笑)

030

以前発売された炎状の魂エフェクトなんかと組み合わせても面白そうです。現在殆ど品切れですね。ある時に買っときゃ良かったです。

031

蹴りなんかも自然なポーズで決まります。

032

赤ゾゴックと対決!

033

こちらも次元覇王流聖拳突きで一撃!ぶしゃああああ〜〜〜〜
このエフェクトパーツは色々遊べてたいへん素晴らしいですwww

034

ちなみに両手分あります!

035

次回投稿予定のカプールここで死亡。なす術無し。ぶしゃああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

036

もう燃え上がり過ぎて何がなんだか分からない状態になっていますwwwww

037

宇宙世紀ものではまず見られない闘い方をするMSです。
余裕で大気圏を突破してしまいそうな勢いがあります。

038

青ゾゴ「ヒャッハ〜」

039

スっと構えて…

040

ロケットパンチをジャンプで避ける!

041

第二波もひらりとかわして

042

間合いを調整して。。。

043

めらめらめら〜
「次元覇王流…!!!」

044

「聖拳突き!」

045

もう一発!!

046

エフェクト外してもう一発!!!

047

突撃!!

048

つづくwww!(つづきません)

049

次元覇王流聖槍蹴り!

050

勿論左足にも装着出来ます!
普段やらないアクション映画のようなポージングがあれこれ決まるので撮影がとても楽しかったです。

051

背面の炎にはそれぞれ二カ所可動ポイントがあり複雑な炎の揺らめきを表現出来ます。

052

♪「げんかいな〜んてな〜い」
第一話良かったですね〜熱かったです。

あれを観るとやはりHGUCドムが作りたくなります(笑)あんなに輝いていたドムは後にも先にも出てこないんじゃないでしょうか。

053

付属品一覧で締めさせていただきます。

いやあ実に楽しいキットです。
プロポーション、色分け、可動、ギミック、プレイバリューと流石主役機、バンダイさんの本気度が違います。

褒めちぎってばかりなのもアレなので難点を申し上げるとすればやはり肩まわりのポロリの多さですかね〜。私もあれこれ改修することで対応出来ないか悩みましたがどうやら新規追加されたPCの穴が浅過ぎることが原因のようです。

冒頭の方でもお話しました通り、保持力不足でポロりするというよりもポージング中に腕毎外れるというものですのでポージングの際に一旦腕を外して演技させていくことで解決としました。

さて次回の予告ですが、お次は旧キットカプールの完成報告となります。ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください