アカデミー 1/72 Me262 をつくる。


アカデミー科学 1/72 Me262 塗装に入りました。
今まで作ってきたアカデミーのキットとは異なりやや難航しています。


アクセントにしたい部分をキャラクターイエローで塗り乾燥後マスクしました。


機体下部のアンテナもこのタイミングで取り付けておきます。

構造的に完成後ポッキリ逝く可能性が高いので接着面に0.3mm真鍮線を通しておきました。


小さくて見えにくいですが背にあるループアンテナもこのタイミングで接着しておきました。接着面の塗料は予め落としてセメントがしっかり浸透するようにしておきます。


そして黒サフを全体に吹きます。


ピトー管は0.3mm真鍮線に置換しています。


黒サフを吹くとシルエットがくっきりして精悍なフォルムを堪能出来ます。


残念ながら風防付近の合わせ目が消えていませんでした。


赤い破線を引いた箇所です。

今回流し込みセメントを使って機首まわりも接着したんですが、私の場合この手のパーツは通常のタミヤセメントでむにゅりとハミ出すくらい溶着させた方が確実に消せます。

逆に脚の付け根やコックピット内の細かいパーツ等を迅速に位置決めしたい時に流し込みセメントを私は多用しています。


という事で再度合わせ目消ししてみました。
実はこれでも綺麗に埋まらなかったので腰を据えてラッカーパテで埋めてしまおうと思います。これすると乾燥までにちょっと時間がかかるのがネックですが仕方ない。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください