AIRFIX(エアフィックス) 1/48
BAC TSR-2 をつくる。


今年の春、誕生日プレゼントとしていただいたAIRFIX 1/48 BAC TSR-2 塗装もだいぶ終わりました。まだ完成には至っていませんが現時点で既にかなりデカく満足感がはんぱないです。


白い機体ですが成型色も白なのと全長50cmを余裕で超える巨大さなので間延びするのが怖かったのでグレーサフを吹くことにしました。


更に間延び対策として要所要所に異なる系統の白を吹いておきます。


こういう時私が愛用しているのはガイアノーツバーチャロンカラー「レディッシュウォームホワイト」です。


で、乾燥後マスキング。


この上から白を吹くわけです。


白はEXホワイトを使用しました。


マスキングテープを剥がすとこんな感じ。


巨大なキットですがパーツ構成は良い意味で大味で外装に全振りされていますから臓物製作に時間を取られるような事もなく楽しく組みあがります。


ただね、タミヤの精度を期待するとパーツの合いがベッコベコなのでストレスがあるかも知れません。

この辺は私の力量で調整しだすと擦り合わせだけで半年か一年くらいかかりそうなので私は丸無視して敢行しましたが(笑)

機体側面などかなり目立つ部分でモールドが途中で途絶えていたりもしますが巨大さを武器に力技でえいやと見て見ぬ振り決め込むことにしました。


ちょっと言い訳がましい言い方になってしまいますが兎に角巨大なキットなので完成後の迫力でうっちゃるように完成させたいと思います。神経質というか正確さを重んじる方にはオススメしませんがデカくて比較的手軽にビッグキットにトライしたいという方にはおすすめです。

次回予告ですがおそらく LINDBERG 1/48 ヘルキャットの完成報告が出来るかと思います。 BAC TSR-2 まで月内完成にもっていきたいのですがあと1日足りない感じで12月にずれ込む可能性が高そうです。2019年ラストスパートとして可能な限り多くのキットを完成させたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください