バンダイ(イマイ) 1/72 リガードをつくる。


バンダイ(イマイ) 1/72 リガードを作っていきます。随分久しぶりにプラモを触りました。

それにしても「REGULT」と書いて「リガード」と読ませ、
「BIGWEST」と書いて「ビックウエスト」と読ませるセンスよ。

とまぁ何かと私マクロス文化圏の気風は基本的にちょっと苦手なんですがリガードやポッドグラージ、デストロイドモンスター、トマホーク等々は間違いなく珠玉のメカデザインであると思います。


バンダイマークが印刷されていますが、本キットは1982年にイマイ社からリリースされたキットの金型をバンダイ(現BANDAI SPIRITS)が引き取り時折再生産しているものです。


箱の側面に設定画?が印刷されていますが誠に美しいデザインのメカです。


一応マクロスはリアルタイム世代の筈なんですが内容についても登場メカについてもほぼ完全に無知です。軍艦がでかいロボに変形するんですよね?なんか食玩か何かで持っていた気がします。定かではないですが。


数年前に購入したかいただいたキットですが今日初めて開封しました。程よいパーツ数に思えます。


マクロスの敵方?は謎の宇宙言語?なんですかね。
まずこれが私苦手なんですよ(笑)スターウォーズやボトムズもそうですが。

だから今回は普通に英語や漢字のコーション系デカールをメインに使用するつもりです。


組立説明書は分かり易い内容となっていました。


完成見本。
めちゃくちゃカッコ良いです。


「ワンマン戦斗ポッド」。


組んでみました。
リリースされて40年経つプラモですが厄介な構造やパーツ精度が低いということもなく作り易かったです。


デザインの都合上仕方ないのかも知れませんが挟み込み構造のオンパレードとなっております。こればかりは仕方ないのかも知れません。モデラーの基礎工作力が試されるキットです。


可動モデルなのですが、時代的にプラ同士の関節となります。


ですから摩耗に弱く、既に千鳥足。自立は厳しいです笑


MGドムの下半身と。
想像以上にでかい。満足度はかなり高いです。


一部クリアパーツで表現されています。

ということで今回は以上です。

ご存知かと思いますがハセガワから同スケールでフル可動モデルがリリースされます。

私は予約しておりまして、本日発送連絡があり明日の夜到着予定ですのでこのタイミングで旧キットとなった本キットを開封してみました。

可動はハセガワ版に任せてこちらは完全固定で作りましょうかね。

目玉をLEDで電飾工作してみようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください