バンダイ ガシャポン
EXCEED MODEL ドムヘッド完成報告。


ドムヘッドLED電球を組み込んで完成しました。


当初は百均のLEDライトをなんとか組み込んでお手軽に完成させる事が出来ないかあれこれ策を講じたのですが、私の力量ではスペースを確保出来ず結局自作で組み込みました。


ドムヘッド自体の造形は素晴らしいです。


塗装は毎度の如くラッカー系塗料をエアブラシで吹き付け。


成型色レベルでカラフルに色分けされていましたが、やっぱり塗装すると質感が格段にアップします。


水転写デカールはプレバン専売のガンダムデカールDXとHIQパーツのRBコーションを使用。


シルバリングもなく美しく貼り付ける事が出来ました。


トップコートはガイアノーツのEXクリアープレミアムのフッ素入りマットコートを使用しました。


LED電球は、


こんな感じで台座裏側に電池ボックスやスイッチを組み込みました。


電池交換し易いように電池ボックスはネオジム磁石で着脱式にしてみました。

もっと洗練された工作をしたかったのですが、当ブログ初ハンダゴテ工作ですしまァこれで良しとしておきましょうか。


可動ギミックも勿論健在です。


モノアイのレンズ部分は敢えて取り付けておりません。目玉がデカすぎると兵器的な怖さが弱まる気がして私はこれに限らず HGUC MG 問わずモノアイの直径は小さめに、しかし主張は強めに設定する事を好みます。


当初はヤフオクに出品して小金を稼いでみようかという下心もあったのですが、電子工作部分をもっと洗練させてから挑むべきかと思い直し今回は練習台となってもらいました。その割に外見はカッコ良く仕上がったので満足しています。


MG ドムと並べてみました。


EXCEED MODEL ドムヘッドのスケールはどれくらいなのでしょうかMGと比較するに 1/48 くらいですかね。

いつかメガサイズモデルでドム出ませんかね。シリーズは問いません可動も拘りませんのでプロポーションとパーツ分割だけしっかりした内容で 1/48 か 1/35 あたり出てくれませんかね。なんならドムヘッドがそのまま取り付ける事が出来たりしても面白いかも知れません。


という事でEXCEED MODEL ドムヘッド完成報告でした。

今までダイソーなどで買ってきたLEDライトを組み込んだり、デススターなどのキットにあらかじめ付属するLEDユニットをそのまま使ったりした事はあったのですが自分で半田付けして電池ボックスやスイッチを取り付けて電子工作の真似事をしたのは今回が初めてだったので大変刺激になりました。

まだまだこなれていない面が多々ありますが、今回やった事、覚えた事を活用して現在制作中のタイタニックや1/60ゲルググキャノンの電飾はまず確実にやりたい事が出来るようになったと思いますので芸の肥やしにしていきたいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください