バンダイ 1/1200
ガウ攻撃空母をつくる。


久しぶりにガンプラを作ります。
予定ではドイツレベル 1/48 ケイデットの完成報告をするつもりだったんですが張り線で手こずり時間を使い果たしてしまったので来月のネタ用に裏で仕込んでいたこちらの記事を代打で投稿したいと思います。

ご覧の通りレガシーな旧キットで箱絵からして素晴らしいです。


ちょっとクラシカルなテイストが盛り込まれたザクが作りたいなと思い積みプラの中からオリジンザクを探したんですがもう全て製作済みで全て嫁に行ってしまっていた事に気づき落胆したところにこのキットが出てきました。ぱち組状態のF2ならまだ何体かあるんですが洗練されすぎていてちょっと今やりたい気分じゃなかったんですよね。


カッコ良いザクが山ほど出揃った今はたまにはこういう素朴なザクが作りたくなるんですよね〜(笑)


もう最高過ぎます。


箱を開けるとこのような感じになっていました。


ザクは1cmちょっとしかないですが、非常に細かく造形されています。2体入っていました。

ただしザクマシンガンと脚部のパイプが繋がっているのでポーズ変更するために一旦バラす場合は注意が必要です。


なんとズゴックまで同梱されていたとは!しかも2体!!

こちらはザクに比べると若干ヌルい造形となっております(笑)ジャブロー降下作戦時の様子を再現出来るという事です。

その上にはドップが造形されており至れり尽くせりな内容となっております。


本体も堂々たる造形。
モールドは一部凸モールドありで当時のエアモデル的文法にも準拠した形跡が伺われます。

手のひらにすっぽり収まる寸法なのですがスケール感や重量感をしっかり出せばかなりの仕上がりが期待できそうな佇まいです。

という事で本キットはエアモデル、SFモデル、ガンプラを同時に楽しめるという大変欲張りな欲求を満たしてくれるナイスキットで御座います。


これだけ盛り込んでも定価300円www安すぎてありがてぇ。

私は再販当時ヨドバシカメラで買いましたんで税込275円くらいで買ったと思います(笑)

理性を保って1箱だけ買いましたけど10箱買っても1000円札3枚で買えますからね、本当に有難いです。


バンダイのプラモといえばいつからか(と言っても相当前からだと思いますが)このようなダイアルが刻印されるようになり製造年月がわかります。これで2016年6月製造と読むんでしたっけね?つい先日買ったつもりでしたがもう4年近く経過しており時が経つスピードの速さには歳をとる度驚かされます。


冒頭で少しお話しした 1/48 ケイデットの張り線ですが、当初予定していた手芸用ラインは撓みや捩れが激しく私では使いこなせませんでした。

本日日中数時間格闘しあれこれ試行錯誤したのですが結局納得いくレベルの仕上がりとは程遠いものしか出来なかったためモデルカステンのストレッチリギング1.5号にベースホワイトをエアブラシで吹き付けて張りました。

写真に写っているのはストレッチリギングです。私の場合張り線はやっぱりこれに限ります。貼りやすさ見た目のシャープさ、模型に特化したテンション等々あらゆる面で抜群の信頼性の高さを誇ります。

ようやく懸案事項もクリアしましたので限明日中に完成報告記事を投稿出来そうです。という事でご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください