バンダイ SDガンダム Gジェネレーション57 NT専用モビルアーマー
完成報告。


SD エルメス完成しました。


自分で言うのもなんですが結構良い感じに仕上がったと思います。


今回も台座を自作しました。


ご覧の通りビットを飛ばしてディスプレイ出来るようにしました。


モビルアーマーや艦船は基本的に可動部がほぼ無いのでこうした小道具を使って動きをつけるようにディスプレイすると途端に躍動感が出ます。


台座そのものは当ブログお馴染み和泉化成株式會社の透明プラスチックケースに石膏を充填したものです。

支柱は外径5ミリ内径3ミリのABSパイプ。
それをいきなり台座に刺すのではなく内径5ミリのプラパイプを台座側に内蔵しておく事でよりしっかりとしたディスプレイを可能としています。輸送時は支柱を外して梱包出来ますので破損対策も兼ねている、というわけです。


ビットは旧キットベストメカコレクションから四つ拝借しタミヤの曲がるソフトプラ棒2ミリを使って浮かせました。


今回唯一心残りなのはラベルですかね。
もともとベストメカコレクションように作っていたのでキットの諸元が1/550スケールとなっていたりします。ですがカッコ良いので良しとしておきましょうかね。


ここまで良い感じに仕上がるとは思っても見なかったので我ながら驚きました(笑)大満足しています。


主砲以外1ミリも可動しないのに動きのある写真が撮れました。


背面。
今回出番がなかったですが尻尾裏にあるレバーギミックは生きていますので同シリーズのゲルググ等を牽引する事が出来ます。


6つのノズル内部にはメタルパーツを埋め込み。
写真ではあまり目立ちませんでしたが金属特有のキラリとした輝きがあります。


各所にパネルラインを追加したり細かく塗り分けたりしています。


写真ではちょっとわかりにくいですが、主翼と胴体カウル左右側面にスプリンター迷彩を施しています。


同系色なので目立たないかも知れませんがどちらも時間をかけて調色し自分好みの色を自作しました。


黄色いバイザー?部分はキットのままだと造形がモヤモヤしていたのと合わせ目が一刀両断してしまって処理がかなり困難であると判断し該当箇所をくり抜きカウル裏にプラ板を仕込みました。


おかげで明確に一段下がった造形となりメリハリが出ました。


台座から本体を取り外す時は支柱ごと一旦引き抜いて慎重に取り外します。安全第一です。


支柱とエルメスとの接続はタミヤの曲がるソフトプラ棒3ミリを使用しましたがそのままだと軸が太すぎたのでデザインナイフで削っています。見栄えは悪いですがディスプレイ時は本体に入って見えなくなるので問題ありません。


期待側面のスプリンター迷彩。


水転写デカールはHIQパーツ社のものを使用。


このアングルがモールド追加部分やスプリンター迷彩が見え易いです。


今回ヤフオクに出すつもりで製作しましたが正直なところ手放すのが惜しい…ですが最低でもそれくらいの水準に達していないとやっぱりまともに札が入らないんですよね。


期待下部はキットのままだとかなり肉抜き穴が目立つ構造だったのでプラ板で該当箇所をしっかり塞ぎました。


基礎的な工作技術が必要ですがやるかやらないかで完成後の見栄えが天と地ほどの差が出ますので工作環境、塗装環境をお持ちの方はトライする価値がかなりあると思います。


そうそう、あと主砲ですね。
これもキットのままだとかなり肉抜き穴が目立つザックリした造形だったので自作しました。


可動ギミックもキットのままだとプラ同士の接続ですぐスカスカになるのが目に見えていたのでABSとHIPSでの接続に変更し摩耗対策も万全を期しました。


かっこかわいい。。。


後ろのハッチ?ですかね?
ここはベストメカコレクション同様パネルラインが集中していて何気に見せ場なのでしっかり掘りなおして塗り分けしてみました。


かっこかわいい(2度目)。。。


台座単品でみてみましょうか。
本来ベストメカコレクションの1/550エルメスを乗せる予定だったので結構ハードなデザインで仕上げています。


裏にはゴム足。


重量は約394.5グラム。
台座の中身は石膏の塊なのでずっしりとした重量感があります。


エルメス本体を乗せての全重量は約431.5グラム。


大きさ比較してみましょうか、近く完成報告予定のHGリアルタイプザクと比べるとこんな感じです。


台座部分も含めて大人のオブジェとして程良いサイズ感を出せたなと自画自賛しております。


本体及び付属品一式。


という事でG-ジェネレーション版 SD エルメス完成報告でした。
今回もヤフオクに出品致しました。

キット自体は結構厄介な場所に合わせ目が来たり機体下部に豪快な肉抜き穴があったり主砲の造形がこれまた肉抜き穴にやられてショボかったりする部分もあるのですが、プロポーション自体はかなり美しくサイズも適度な大きさがあるのでモデラー次第で大化けする余地のあるナイスキットだと私は思いました。

昨年の再販時入手したので流石に量販店や模型店の店頭で見つけるのはこのご時世ちょっと難しいかも知れません。

但しガンダムベースならまだ店頭在庫あった気がしますのでそちらでなら定価440円(税込)という驚異的なロープライスで購入可能です。ご関心のある方は週末のお供にいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください