クレオス ペイントトライ!
琉金をつくる。


色々作っている最中なのですが、今回はクレオスの琉金の進捗報告をしてみたいと思います。 先週仕事の合間にちょこちょこやってみました。


パーツ数1のキットなのでちょいと何か加えて楽しんでみようと思い台座を自作することにしました。


エポパテと内径3mmのABSパイプを使用しました。ABSパイプはホームセンターで1m長のものを数年前に購入したものです。私も含めて大抵のモデラーさんはこれで一生分くらいある筈です(笑)


ABSパイプはあとで3mm軸をしっかり打ち込むために仕込んだというのもありますがこうして底面の水平を出し易くするという狙いもあります。 今までなんで気づかなかったんだろう、従来はパテの塊に3mm穴を開口するやり方をとっていましたがそれだとどうしても摩耗に弱かったり強度不足になったりするんですよね。


今後はこれでいこうと思います。さっき一生分とか申しましたが、この調子だと1mあっという間に使い果たしそうです。。。


琉金側にも3mm穴を開口してタミヤの曲がるソフトプラ棒を刺してみました。


これはなかなかオブジェ的な魅力が出そうです。


琉金自体もバリを取ったりパーティングラインをやすりがけしたりしました。後に捨てサフを吹いて点検します。



基本エアブラシで塗装する予定ですが、目玉は極細面相筆で塗り分けるつもりですので瞼と眼球の境界を念入りに彫り直しておきました。


台座は指捏ねしたエポパテのままだとヌルッとした造形となりここから彫刻すると今回意図している形状にしにくそうだと思いポリパテでコーティングしてみました。


ポリパテ乾燥後整形して黒サフ後、EXブラック吹いてガンメタル。全てガイアノーツです。


琉金本体もサフを吹いてみました。造形が素晴らしいですね。まだパーティングラインを消し切れていない箇所等がありますがあまり気にならないのでデザインナイフでざっとカンナがけする程度にとどめてどんどん先に進めていきたいと思います。

HGIBO グレイズリッターあたりはほぼほぼ塗装完了しているのですが、同時製作中のタミヤ 1/48 Me262 A-1aと琉金の赤塗装を同時に行いたいと思いまして待機中です。今週はグレイズリッターとMe262 A-1aの完成報告が出来るよう努めます。という事でご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください