エデュアルド 1/72 MiG-21 MFをつくる。


FREEDOM MODEL KITSの SD MiG-21 と一緒に エデュアルド の 1/72 版も作っていきます。

同じ機体で塗装も同じですから一緒に製作した方が合理的です。


今回製作するのはプロフィパック版ですのでエッチングパーツが同梱されています。


エッチングパーツは硬い板の上で刃を入れると綺麗にカット出来ます。


現物はかなり小さいのですが計器盤のパネルと目盛りは別パーツ化されていました。


瞬着で接着出来ます。


エッチングパーツを使う際はのっぺらぼうのパーツに貼り付けますが、水転写デカールや塗装で表現したい方は別途モールドが刻印されているパーツも(ウィークエンドエディション版のパーツとして)同梱されているのでそちらを使います。


胴体側面に貼るコンソールのエッチングパーツを取り付けるパーツの厚みが気になった片側は直接胴体内側に接着しました。


パーツ割はかなり細かいですが、その精度は非常に高いです。


接着するまでもなくパチピタで吸着します。

エデュアルド 社の 1/72 MiG-21 はガンプラで例えたら HGUC ユニコーンガンダム並みのリデコ展開をしており2018年にリリースされて以来、既に20種類前後のリデコ展開するに当たって決定版として開発したのであろう意気込みを強く感じます。


胴体を挟みこみます。


MiG-21 最後発の決定版キットだけあって直線的なフォルムが美しいです。

ついついふくよかなスタイリングにしてずんぐりむっくりなフォルムになってしまうことがありますが流石エデュアルド、チェコのメーカーだけあって東側機体はお手の物といったところでしょうか。 MiG-21 フィッシュベッドは鉛筆みたいな胴体に三角形が突き刺さったような直線的なフォルムこそが模型的な美点だと私も思います。


ついでに SD 版も胴体パーツを接着しました。
SD 版もしっかり MiG-21 らしいワルそうな造形です。


こちらの SD MiG-21 は単座と複座の二機セットなのですが、単座は定番のシルバーとグリーンの塗装を行い、複座練習機はオリジナル配色で仕上げようと思います。


という事で今回は以上です。
個人的にかなりお気に入りの機体なので完成が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください