フリーダムモデルキット コンパクトシリーズ
アメリカ海軍 F-5E & F-5F
VFC-111 “サンダウナーズ” をつくる。


フリーダムモデル SD サンダウナーズ2機セット、パイロットとコックピットの製作に入りました。


本キット SD 戦闘機に SD パイロットが付属してくるのはありがたいのですが、何このパーツ数。。。笑


細かくパーツ分けされており気合が入っております。


組んでいる最中は「ここまでパーツ分けする必要ある? 1/72版なんて一発成型なのに」思っていましたが SD の方がコックピットが拡大されて強調されるのでこの設計は塗装後、完成後、そして撮影時に効いてくると思います。


乗せてみました。
後部座席と前部座席で微妙にパーツが異なっていたりします。


ちなみにバイザーは通常プラとクリアパーツの選択式という至れり尽くせりな仕様となっており私は塗装後クリアパーツを取り付ける予定です。


計器盤はデカール再現。
完全乾燥後トップコートもしくは透明レジンでコーティングするつもりです。


パイロットと計器盤は機首パーツを挟み込んだ後でも取り付け可能なので非常に気が楽です。


ぱっと見は子供向けのお手軽 SD キットと見せかけて結構パーツ数が多いのでそれなりに作り応えがあります。


油断して箱を開けるとみっちり詰まったパーツ類に圧倒されてしまいます。

ようやく機首の挟み込みパーツを接着しましたので 1/72 ともども近いうちに最後のヤスリがけを行った後、いよいよ塗装の運びとなります。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください