フリーダムモデルキット コンパクトシリーズ
アメリカ海軍 F-5E & F-5F
VFC-111 “サンダウナーズ” をつくる。


今夜完成させる予定だったのですが力及ばず、今回は無念の進捗報告となります。


本体の方はなんとか本日完成しました。


SD と思って油断していましたが結構なパーツ数があり完成まで時間を要しました。苦労した点や今後読者の方が製作される際に役立ちそうなキットそのものの素性に関する情報などは明日の完成報告に書きたいと思います。


台座。
こいつにも時間を取られてしまい未だ完成しません。


今回もプラスチック製容器に石膏を充填しプラ板で蓋をするという仕様ですがこれが以外に手間がかかるんですよね。

あと今回も透明 ABS パイプを支柱として使ったのですが内径3mmと言いながら恐らく3.2mm近く大きいため F-5 本体と接続する際に使用するタミヤの曲がるソフトプラ棒3mm径を通してもスポスポしてしっかり固定出来ないため試しに二液性エポキシ接着剤を使って固定してみたのですが、どうしても気泡などが入り込み見た目が悪いので接着剤が固まったら支柱も黒く塗ろうと思います。

その他あれこれ作業効率化出来ないか試した事が多々あったのですがどれも失敗したためそれも完成を遅らせる要因になりました。


台座は漆黒です。


いつか2001年のモノリスを作ってやろうと思います(笑)


台座を並行してもう一個作ろうと試みたのも完成報告が遅れた要因となります。

実は月内にもう一体完成報告をねじ込んでやろうと思ったのですが本体の塗装もまだまだ終わらず来月初旬のロールアウトとなりそうです。

作りたいプラモが山積みなのでどうにかして製作スピードを向上させたいんですがね。。。現在の5倍くらいにアップさせたいのですがね。

目安として1日で完成+撮影+完成報告記事投稿みたいなイメージでどんどんプラモを作っていきたいのですが、なかなか思うようにはいきません。よほど革命的な技術革新を達成しないと流石に無理ですか。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください