フリーダムモデルキット コンパクトシリーズ
アメリカ海軍 F-5E & F-5F
VFC-111 “サンダウナーズ” 完成報告。


フリーダムモデルキット SD F-5 完成しました。サンダウナーズ仕様です。


一見たまごひこーき的なキットかなと思いがちですが、パーツ割りが細かかったりモールドがモヤモヤした運河彫りだったりして完成まで時間がかかりました。


記録を見直すと今年の4月22日に本キットの製作開始記事を投稿していますので開封から完成までふた月かかった計算になります。まあ他にもあれこれ作りながらなので飛び飛びの作業で製作してきたわけですが。


今から外出しますので、締めの文以外のテキストは後ほど追記します。文章の投稿完了しました。


こちらが仮想敵機ですかね。


見るからにソ連カラーです。これがカッコ良いんですよ。


HUD 部分にはHIQパーツ社のオーロラグリーンを貼り込んでいます。


完成すると殆ど見えませんがSDのくせに(失礼)内部も結構細かいパーツ数が割かれています。


パイロットと計器盤。


パイロットフィギュアはなんと5パーツ構成。


クリア成形のバイザーを加えたら6パーツ。


機首先端にあるピトー管は0.3mmステンレス線。


機体下部も忙しい構造になっており穴を開ける隙間を探すのに難儀しましたが3mm丸穴を開口しておきました。


ただし隙間がほぼないのでいきなり魂STAGEなどを取り付けると基部が干渉してしまうため接続パーツを自作してパーツとスタンドの接触を回避しました。


ABSパイプとタミヤの曲がるソフトプラ棒があるとこの手の作業が短時間で行えるので私は必ず手元にストックして在庫を切らさないようにしています。


続いて複座の F-5F。


こちらも HUD 部分にオーロラグリーンを貼り付け。


後部席が教官であれこれ指導されながら操縦するんでしょうかね。


製作時はめんどくさいなと思っていたのですがこうやって完成するとやはりパイロットフィギュアが付属するというのは良いもんです。


そうそう忘れていました。
本キットのモールドはとにかくダルいので彫り直しが必須だと私は思いました。BMCタガネで彫り直しています。

プラの感触があまり宜しくなくパッツンパッツンなテンションがかかった質感なのでBMCタガネが弾かれるような感触の中彫り進める必要がありました。キティホークやマックスファクトリーのダグラムキットやパシフィック・リムのプラモの感触に近いです。この作業が結構しんどかったです。この三社は成形時もう少し柔らかいポリスチレンの配合をしていただきたいです。


こちらもピトー管を0.3mmステンレス線に置換。


あとこれも記述し忘れていましたが機銃部分は手芸用のガラスパイプに置換しています。サイズ的にもほぼジャストフィットします。接着は二液性エポキシ接着剤を用いています。


今回もスタンドを自作しました。


透明プラ製の容器に石膏を充填しプラ板で蓋をしたものを台座にしています。


支柱は ABSパイプを台座に打ち込んでいますので演者本体をしっかり保持します。


本体との接続はタミヤの曲がるソフトプラ棒。厳密には先述した接続パーツを介して、接続となります。


手元にあるたまごひこーきの中から冷戦がらみの完成品を持ってきました。


こうやって並べると SD 戦闘機というくくりとは言え、デフォルメの方向性など全く異なり非常に興味深いです。

たまごひこーきの方がデカいですがパーツ数はフリーダムモデルの方は3倍以上あります。


二日続けて F-5 3機の完成報告を行う事が出来ました。


今月はこの2機を追加して計6体完成させる事が出来ました。

2020年上半期35体のプラモを完成させた計算になります。
こうやって見るとやはり先月が少な過ぎますね。キティホークのフライングパンケーキには随分と苦戦させられました(苦笑)その分満足はしたのですが。

今月自体も結構手のかかる顔ぶれだらけですが、着手したのが相当前のキットがいくつもあります。そういった手のかかる製作物の完成日がたまたま今月集中したと言えそうです。

2020年の折り返し地点を越えた直後ということもあり来月は幅広いラインナップで多くの完成報告を投稿出来るよう努めたいと思います。


という事でフリーダムモデルキット コンパクトシリーズ F-5E サンダウナーズ完成報告でした。

SD 戦闘機という事で内心油断して製作開始しましたがパーツ数は多いわ、モールドは運河彫りだわ、ちょっとここまで細かくパーツ分ける意味あるか?と言いたくなるような箇所がやたらと細かい構造になっていたりと結構手がかかりました。塗装も迷彩パターンがややこしいですしね。

ただ、キット自体がそこそこ複雑な分、完成後の姿は密度感のあるギュッと引き締まったものとなったので個人的に大満足しています。

昨年誕生日プレゼントとしていただいたプラモで失敗を恐れて製作開始が遅くなってしまいましたがこうして完成したので目立つ場所に飾らせていただきます。有難う御座いました。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください