FREEDOM MODEL KITS
(フリーダムモデルキット)
コンパクトシリーズ MiG-21 をつくる。


いよいよ銀塗装に入りました。


まず前回の作業でサフ吹きが充分に行えていなかった箇所があったので塗りたします。


コックピット内部のマスクはマスキングパテを用いました。


写真では隙間からターコイズグリーンが覗いている箇所がありますが、マスキングパテは指で自在に形状を整える事が出来ますので撮影後綺麗に整形しておきました。


これがマスキングパテ。
ここ数年めっきり見かけなくなりましたが、非常に優秀な道具なのでもし店頭で見かけたら迷わず買って損はないと思います。

良い値段しますが、量も多いですし一度購入したら何度でも使い回せますので一生使えます。


サフ吹き忘れていたパーツが結構ありました。


他のキット製作との兼ね合いで今回はグレーサフを吹きました。
銀塗装するのでEXブラックを下地に塗りますからそういう時はサフの色なんでも良いです。


EXブラックを吹きました。
この上にEXシルバーを乗せていくわけです。


EXシルバー吹き付け。


非常に良い質感となりました。


下地を黒、特に光沢の強い黒を使うととてもプラスチックとは思えない金属表現が行えます。


今回は光沢黒を下地にしていますが、黒サフのような非光沢黒をそのまま下地にしても独特の重量感が出ますのでその辺は見せ方に応じて使い分けると良いです。


という事で今回は以上です。
MiG-21 と言えばまずはやはり銀が似合います。

完成が近いキットが色々ありますので来週は派手な一週間となりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください