FREEDOM MODEL KITS
(フリーダムモデルキット)
コンパクトシリーズ MiG-21 完成報告。


FREEDOM MODEL KITS SD MiG-21 二機セットが完成しました。


今年の2月か3月頃家人にヨドバシで買ってもらったプラモです。複座型練習機と単座のセットとなります。確か台湾のメーカーでしたかね。


予定では今夜アオシマ 1/12 ゴリラとタミヤストリートライダーの完成報告を行う予定でしたが、細々した箇所がまだ終わらずこれらは明日完成報告予定です。


話は戻りますが、今回も台座を自作しました。


和泉化成株式會社の透明樹脂ケースに石膏を充填しABSパイプを支柱として飛行機を浮かせる仕様です。


私的には MiG-21 と言えば銀色というイメージがあったためどちらもメタリックな質感で仕上げています。


HUD は透明プラ板にHIQパーツのオーロラグリーンを貼って表現。かなり発色が良く満足しています。


インテークカバーと間違えそうなので実機では恐らく有り得ないカラーリングなのかも知れませんが、アグレッサー機として製作した単座型は赤をアクセントにしてみました。


昨年作った同社の SD サンダウナーズ F-5と大きさ比較。

これも家人からいただいたものです。


キャノピーは接着していませんが着脱式というわけではないので本投稿が終わったらエポキシ接着剤でしっかり固定してポロリ対策しておこうと思います。


窓枠はターコイズグリーンを吹いてから黒サフ → EXシルバーという順で塗装しました。


あとキット付属のパイロットはそのまま座席に組み込むとキャノピーと思い切り干渉してまともにキャノピーを取り付ける事が出来ませんので干渉部分をカットしたり角度を変えたり削ったりして擦り合わせました。
この辺りの雑さは日本メーカーでは考えられないものがあります。


自作した HUD を取り付けた箇所には本来キット付属の小さいパーツを組み付けるのですが、造形もあやふやで組立説明書の図も私にはちょっと理解するのが困難だったので大きめの HUD を付けて完成後の見栄えを良くしてみました。


機体下部には3ミリ丸穴を開口しましたので魂STAGE等市販汎用スタンド各種に接続出来ます。


今回はメタリック塗装の質感を重視して、水転写デカール貼りを行った上にトップコートを吹くのは避けました。


当ブログではシルバー塗装のキットのいくつかはトップコートレスで仕上げていますが、手元に置いているいくつかは1〜2年経過していますが、今のところ水転写デカールが剥がれたり割れたりするようなトラブルは起きていません。


前足は脚注と前輪が全く噛み合わない設計ミスと言っても過言ではない造りだったので、キットに入っていた前輪は使わずたまたた余っていたAIRFIX 1/72 ゼロ戦の後輪を使いました。極僅かな加工で取り付ける事が出来てこちらの方が純正パーツなんじゃないかと錯覚する程フィットしました。


自作した台座。


飛行機プラモを作るたびに台座を作るのは正直えらく面倒な気分にはなるのですが、こういうのがあると完成させたプラモを立体的に展示出来ますので平置き時よりも見せ場を多く作り出せます。


内部に石膏を充填していますので非常にずっしりとした質感があります。重さ約429.5グラム。


下面にはゴム足を4個。


スタンドから外してサンダウナーズと記念撮影。


ハセガワたまごひこーき版 MiG-15 と並べてみました。


同じくハセガワたまごひこーき版ブラックバードも並べてみました。


この辺りは安定供給されている馴染み深いキットなので大きさ比較として参考にし易いかと思います。


昨年末完成したSUYATA社の SD Fokker Dr.I と並べてみました。かなりでかい。。。


これまた華人が昨年買ってくれたものです。
SD ながら巨体ですし、しかもフルインテリアで尚且つリヒトホーフェンフィギュア付きです。これは結構なお値段した筈です。


MiG-21 と一緒に買ってもらったこちらも近く製作開始したいと思います。 SD とは言え当ブログ初ヘリコプターとなります。


という事でFREEDOM MODEL KITSコンパクトシリーズ MiG-21 完成報告でした。

パイロットがキャノピーに干渉したり武装の合わせ目に隙間が出来る場合があったりするなどタミヤやBANDAI SPIRITS等と比べると詰めの甘い箇所もあります。

ライバルになりそうな MENG の SD 飛行機などはガンプラばりのスナップフィット且つ少ないパーツで完成させる事が出来るのに比べこちらはまだまだパーツ数が無駄に多く MENGKIDS やたまごひこーきに比べて完成までの道のりが遠かったです。

ただ、昨年作ったサンダウナーズ2機セットと比べると格段に作り易くなっており進化を感じますしMiG-21の SD キットなんてこれ以外私は知りませんからかなり貴重なキットだと思います。FREEDOM MODEL KITSのプラモは他にも作りたいキットがいくつもありますので今後も作っていきたいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください