バンダイ ガシャプラ
装甲騎兵ボトムズをつくる。
その1。


先日発売されたガシャプラ装甲騎兵ボトムズ、私もやってみる事にしました。


まずはぱち組。
バンダイがATをやるといつも小顔になります。。。ちょっとすらっとし過ぎな気が。


上から見下ろして撮ると緩和されますが。





ということで改修してみました。
モデル体系から闇ボクサーに様変わりしたかのようなガッチリムッチリ体系に変更。


太腿を4mmほど詰めてキットのBJはまるまる切除。1mm真鍮線で接続しました。


手首はビルドナックルズだったかに入っていた一番小さいサイズの握りこぶしを利用しました。取り付けは真鍮線接続です。


アンテナは0.5mm真鍮線。
胸の取っ手?は当初1mm真鍮線にしてましたけどちょっと太いです。


iPhoneと大きさ比較。


更に手を加えてみました。胸も0.5mm真鍮線に変更し肩アーマーも真鍮線に変更、右膝には1mm真鍮線を装着しました。


腹部のラインはエバグリの薄手のプラ材を貼り付けました。

あと上腕でカットし2mm径のソフトプラ棒で取り付けてロール可動するようにしてみました。完成時に固定しますが任意の角度に変更出来るようにしました。


結構目立つ箇所や消しにくい場所に通る合わせ目が大量に出てきますので処理はちょっと面倒です。


私なりに「むせる」製作が出来ればと思います。


ほぼ同サイズで販売方法も同じ海洋堂35ガチャーネンと並べてみました。


プラモとしての作りやすさは35ガチャーネンに部が上がりますがカスタマイズして楽しむ懐の広さは五分五分だと思います。

という事で今回はここまで。2018年もあっという間に4月に入りました。今月もどんどん作っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください