ハロプラ ハロ
ぱち組報告。


輝神大将軍 獅龍凰のマスキングの合間にちょっとプラモを調達してきました。久しぶりのガンプラ新製品ぱち組みレビューです。


ついにハロがプラモになりました。


開封から組み立て完了まで13分。


非常に作り易いキットです。


差し替え手足が飛び出した状態に出来ます。


股間に3mm丸穴あり。蓋する事が出来ます。


形状的に自立はさすがに難しい。


内部フレームは結構グロテスクです(笑)昨年出たドラえもんもやばかったですね。




余剰パーツの類は全て付属のスタンドに収納できるアッシマー方式です。メッサーラの時も感動しましたがこれは本当にありがたい。


股間のカバーに相当するパーツは完成後の着脱がしにくそうなのでここは何か工夫しようと思います。


話は戻りますがアッシマー方式本当に良いですよね。これはもう標準化して欲しいです。


頭頂部はうまい具合にパーツわけされていて合わせ目が出ません。


側面は出ますがもうこれはパネルライン的に解釈してしまっても問題ないと思います。


下側もそうです。


実はふたつ入手しました!
当ブログとしては塗装して楽しんでみようかと思います。


そして先日タコムから出た新製品も押さえました!タコム社も1/72スケールに乗り出してきましたね〜1/72、1/48、1/56等々色々小スケールキットの役者が揃ってきました。当ブログでは今後も小スケールキットにも力を入れていこうと思います。


本日これも引き取ってきました!
昨年発売された時は一瞬で売り切れてしまって買い逃していたのですが先日再生産されたみたいで入荷しました。

私事ですが事務所と自宅の引っ越しが近く何かと入用になるのが目に見えているので今回入手した四つのプラモは全てポイント購入しました。楽しく大事に作っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください