BB戦士 輝神大将軍 獅龍凰
進捗報告 その19。


輝神大将軍 獅龍凰は一気に完成に持っていく予定でしたが最後の進捗報告を挟む事にしました。


ハロは赤い方も組み立てました。


磨きやすそうな形状をしているのでカーモデルの予習がてら光沢仕上げで作ろうと決めました。


色味はこんな感じに。


輝神大将軍 獅龍凰の塗装作業に組み込める組み合わせでカラーリングを決めました。


黒いハロが黒サフ + EXブラック + クリアーレッドで
赤い方は黒サフ + EXシルバー + クリアーレッドです。


ここからデカール貼って光沢トップコートを4回程べっとり吹いた後徹底的に磨き上げたいと思います。


続いてこんなプラモを先日買ってみました。従来のガンプラ的箱絵デザインとはだいぶ毛色が違いますがそれもそのはず当初アジア圏で展開していく予定だったシリーズみたいです。カチッとしたデザインが良い感じです。


色分けは付属のシール頼りな所が多いですがスタイリング自体はかなりカッコ良いのではないでしょうか。


ビームガトリングライフルとアームドアーマー、シールドが付属。


ビームサーベルは付属しないので私はビルダーズパーツから刃を以前完成させた他キットの余剰パーツだったサーベル柄を流用して調達しました。


これが付属のシール。
私は額のセンサーとツインアイ部分に使い後は塗装で仕上げようと思います。


製作プランとしてはエッジのシャープ化、上腕の肉抜き穴埋め、脚部に豪快に空いている肉抜き穴はそのままにするかジャンクパーツを埋めるかにします。色の濃い機体なのであまり目立たないと思うのでそこそこで大丈夫だと思います。

実は今回の製作は来月製作開始予定のハイドラガンダムで試したい塗装のリハーサルを兼ねております。


輝神大将軍 獅龍凰は基本塗装がようやく終わりました。


言葉にするとたった一言ですが尋常ではない色分けの切り返し部分が多発し塗装も地獄でした。若い頃の私だったら途中で投げ出していたと思います。BB戦士をはじめとしたSD系キットはガチで作るとぜんぜん子供向きではありません(笑)塗ってはマスク、乾燥してまたマスク、これを何度も繰り返します。塗り分けの繰り返しで先週はほぼ全て輝神大将軍 獅龍凰に捧げました。

おまけにメッキ部分も脆いのか弱いのかよく判然としない仕様でハイターで素直に落ちずまばらになったかと思えばメッキを活かしてマスクしていたらマスキングテープの程度の糊でメッキがベリっと豪快に剥がれて結局やすりがけ〜下地〜塗装のフローが追加されたりともうほんとに大変でした。これが完成したら暫くグロスインジェクションやメッキ系素材のキットには関わりたくないですね。


ただこれだけだとベタ塗り過ぎて迫力に欠ける気がしますのでゴールド部分に煩くない程度グラデーションや偏光パール系の表現を加えて複雑な発色をするようにしていきたいと思います。

今夜残りの塗装を行なった後、少し水転写デカールを貼ります。乾燥後いよいよトップコートです。そこからUV透明レジンでワンポイント部分をクリアパーツ化するなどしていきます。完成がやっと見えてきました。


アッグの塗装は現在こんな感じです。
輝神大将軍 獅龍凰の塗装時に一緒に塗れるところまでやっておきました。



明日明後日は輝神大将軍 獅龍凰一本に絞りますのでアッグはこの状態で少しおやすみです。


ザンジバルは先週サフ吹きを開始して途中で止まっております。これも月内完成させたかったのですがちょっと微妙になってきました。


昨日こんなものをいただきました。
厳密にはプラモとは違うのですが塗装済み立体パズルといった感じでなかなか組み応えがあります。


そうそうヨドバシのポイントでタイレルを購入しました。これも年内に作りたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください