ハセガワ 1/32
メッサーシュミット Bf 109 E をつくる。


7月以来中断していたハセガワ 1/32 メッサーシュミットを作っていきます。
まだまだ作り始めみたいな状態ですが私の力量で年内完成出来るでしょうか(笑)


ついさっきまで作業机はこんな状態でかなりてんぱっていました。


計器盤は水転写デカール付属せず。
但し造形はされています。
AK-Interactive のウェザリングペンシルで凸部をなぞるとこんな感じに仕上がります。一分かかりません。素晴らしい色鉛筆です。


細かいパーツを取り付けました。


お次はエンジンですが、これが結構細かくパーツわけされていて立体感があります。


ピンがある箇所は明確にここに取り付けるんだなと分かるのですが一部曖昧な箇所もあります。


個人的には完成後見えなくなる箇所は別に無くても気にならないのですが、あったらあったで有難いですね。スチームパンク感かなりあります。


ただ一部取り付けが曖昧なパーツを曖昧なまま取り付けていっていますので胴体に綺麗に挟み込めるかはまだわかりません(苦笑)


パイロットやコックピットも急いで作っていきたいところです。


パイロットはまだベタ塗り状態ですが、ここからドライブラシやウォッシング等を行って良い感じに仕上げたいと思います。


幸いな事にこの段階でパイロットもコックピットに接着せねばならないというわけではないので完成直前までじっくり塗装していく事が出来ます。


本当はパイロット以外挟み込んだ状態で本日投稿したかったのですが、力及ばずガワだけで仮組。


主翼の上下合わせパーツはようやく今日接着しました。機銃は簡単に後ハメ化出来ます。


平均的な大きさのガンプラ1/144HGと並べてみました。
大戦機とはいえ1/32 なのでかなりでかいです。


年内にこの三機を完成させたいのですがちょっと現実離れしてますかね(笑)ギリギリまで狙いたいと思います。

あと現在制作中のアオシマ 1/24 シティとSUYATAの SD フォッカー、ここまで年内に完成させたいんですがね。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください