ハセガワ 1/35
メカトロウィーゴ「すぽーつ」
完成報告。


ハセガワ 1/35 メカトロウィーゴ「すぽーつ」完成しました!


キットは青と白の二種が入っていますが今回はご覧の通りの配色で仕上げてみました。


写真では分かりにくいですがコンパウンドで磨いてテカテカにしています。


磨きすぎてエッジ部分の塗装が取れてしまったりしましたが自分なりには勝手が掴めてきました。


今年はカーモデルも作りたいと思いこのキットで艶出しの練習をあれこれやる事が出来ました。






足裏に3mm径も丸モールドがあるのでドリルで開口して市販の汎用スタンドに接続できるようにしました。


ただし空間的な余裕はほとんど無いので慎重に開口する必要があります。





赤い機体は目玉はクリアーブルーを吹いています。


背部パネルはかなりテカテカになりました。
エッジの塗装が少し取れてしまったりましたが(笑)



黄色い方はバンブルでありバンブルビーであり死亡遊戯でありキルビルな感じの仕上がりを目指して作りました。


黄色い機体は目玉を赤に。
クリアーレッドを吹いています。



こちらも背面パネルがかなり良い感じに。


今回番手の異なる三種類のコンパウンドを使って磨いていったのですが最初の研ぎ出しの段階で塗装時に着いた埃なども取れるのでこの作業はやりがいがありますね。


事務所に置いている1/35ウィーゴもだいぶ役者が揃ってきました。


1/20と一緒に。
自宅にあと2体1/35とタイニーメカトロウィーゴが2体あります。


黄色い機体は色が色なのでそれならばとトランスフォーマーと絡めてみました。


シャークトロンと。


昨年発売されたシャークトロンもかなり出来が良いんですよ。


ただロボットモード時の顔が賢そうでイケメン過ぎるのがちょっと不満です。シャークティコンはオツムが足りない凶暴さが魅力だと思いますで。

旧玩具の箱絵に描かれているあのなんとも言えない頭悪そうなブサイク顔だったら間違いなく複数買いしてたと思います(笑)


というか自腹切ってトランスフォーマー買ったのってこのシャークティコンが初です。


それくらい気に入っております。


造形、色分け、可動、変形難易度、価格全てにおいてMPアイアンハイドとはまた別のベクトルでバランスが素晴らしいです。


手持ちの未完成ウィーゴは残すところ1/35スケール2体となりました。うち1体は既に塗装に入っておりまして来月ごろ完成予定です。


次回予告ですがこちらです!


細かいところに手をあと少しだけ入れますがほぼ完成しました。

元々苦手科目だったBB戦士ですが輝神大将軍 獅龍凰にしごかれてたらHi-νガンダムが如何に作り易いキットなのか思い知らされましたwww


という事でちょっと脱線しましたがハセガワ1/35スケール メカトロウィーゴ「すぽーつ」完成報告でした!

造形だけでなく通常の35ウィーゴから細かい部分で進化した部分もあったりして今まで何体も作ってきた方にも初めての方にも楽しめる内容です。限定キットなので興味がある方は抑えておいて損はないキットだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください