ハセガワ 1/48 震電をつくる。
&
バンダイ ガシャポン HG D+
KING GHIDORAH(2019)
完成報告。


ハセガワ 1/48 震電いよいよ大詰めです。
家族の依頼でバンダイのカプセルトイもざっと仕上げてみました。


当初滑走路風の簡易ジオラマベースをこさえようかと思ったんですが、ちょっと方針転換してスタイリッシュな仕上がりを目指すことにしました。


鉄血のガンプラを買った時に店頭でもらったスタンドの台座を使用。念のため肉抜き穴部分にパテを充填して震電を余裕を持って支えられるようにしました。


魂STAGE に付属する支柱が大量に余っていたので一本使用し震電を浮かせる算段です。本体との接続はタミヤの曲がるプラ丸棒3mmを加工して使用します。






キット付属の立ち姿パイロットと小僧フィギュアはハセガワ 1/35 メカトロウィーゴに付属するフィギュア台座を流用。1mm真鍮線で接続しました。




どういう方針で完成させるか迷走していたのですがここにきてイメージが固まりました。よほどの大事故でもやらかさない限り何とか月内完成させる事が出来そうです。


冒頭にも述べましたがカプセルトイのキングギドラも完成しました。


彩色済みのPVC製半完成キットですがリタッチしています。


これを完成させたと呼んで良いのかわかりませんが一応今月10体目の完成報告とさせていただきます(笑)家族から預かってリタッチを頼まれたのですがたまにはこういうお気軽なのも良いでしょう。



まずエッジや影になる部分にクリアーオレンジを吹きました。贅沢にフィニッシャーズ の塗料を使用。



付属する爆発エフェクトにも同様にグラデーション。



その上からファレホのモデルウォッシュで表情付け。


もうちょっと上手くやれなかったんかと写真を見てると己の実力の無さを痛感しますが(笑)現物は結構良い感じです。


PVCキットの合わせ目消しをやり始めると地獄を見そうだったので放置しましたが造形自体は大変素晴らしく500円?でしたっけ?破格のクオリティだと思います。


とまあこんな感じで今回の投稿は以上です。
今後の予定ですがまずは震電をきっちり完成させたいですね。並行して先週末発売された「あのガンプラ新製品」も勿論製作中でこちらは来月初旬完成ですかね。とまあキャラものスケモの二段構えで下半期もやっていくつもりですので今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください