ハセガワ 1/72 F-117 ナイトホーク
進捗報告その2。

ハセガワ1/72スケールF-117ほかあれこれ進捗報告です。

鬼門のキャノピーマスキングですがあっさり一発で成功しました(笑)

従来のマスキング方法だとモールドも薄く大勝箇所が小さいためBMCタガネでモールドを彫り直すという手法も使えずあれこれ考えた結果作業場の白色電球にかざしてモールドを見ながらデザインナイフを入れればいけるかもと試してみたらこの通り上手くいきました!

この作業をする前に半透明のテープを使えばいけるかも知れんとスコッチを買っておいたのですが今回は出番無し。何かと使えそうなので温存しておきます。

今回も台座を作るつもりでして使わなくなったアクションベースⅡを芯にプラバンで囲っていっています。

表の加工が終わったら裏面に石粉粘土を充填し重量を確保していく予定です。

そしてこれを随伴させるつもりです!

何年か前缶コーヒーのおまけとして付属していたものです。

台座は35ガチャーネンの台座とタミヤの曲がるソフトプラ棒を利用して付属のものより自由度の高い飾り方が出来るようにしました。

先日ガンプラEXPOで手に入れたクリアーバーザムもゲート処理等していこうと思います。背景が白だとより一層キットの美しさが際立ちます。

モナカラインが殆ど出なくてフレーム部分の再現度が高いキットはクリアーパーツ化すると通常版とはまた趣の異なる魅力が光ります。

出来の良いキットですが当ブログ絵はただ組むだけでなくクリアー素材を活かしたグラデーションやメタリック表現等を絡めてより複雑なビジュアルにして楽しんでみたいと思います。

今回はマスキングテープで遊んでみました。

両端をカット。

あとは思い思いの形状に切り刻みます。

そして製作中のガチャーネンにペタペタと貼り込みました。

対になる個体は青系かつ練り消しを使った丸みのある迷彩模様にしたのでこちらは赤系配色で直線的な模様を入れて対比を楽しみたいと思います。

ということで今回はこんな感じです。
次回はBB戦士輝神大将軍 獅龍凰の進捗報告になるかと思います。ご期待ください。

This entry was posted in HGUC_バーザム(クリア), ハセガワ_1/72_F-117_ナイトホーク, 海洋堂_1/35_ガチャーネン. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*