HG ハイドラガンダム
完成報告。

HGハイドラガンダム完成しました。

プロポーション変更、可動範囲の拡大、キットのままだと貧相に見える部分のボリュームアップや各部のディテールアップを行いスマートながらも力強さを表現出来るよう努めました。あと汎用スタンドに接続出来るよう改修しています。

ここで気付いたのですがガンダム顔の顎がグレーのままでした。

ここが赤くないと今ひとつガンダムっぽさが出ないのでマスキングして塗り足します。

これでガンダムらしくなりました。

ここに限らず細かい塗り分け箇所が多いので地味に塗装面でも手こずりました。

各部の丸モールドはHIQパーツのメタルパーツでディテールアップ。

クロム感高いので光をよく拾います。

頭部を90度回転させるとゲルググ顔に。

これもなかなかカッコ良いです。

更に90度、ガンダム顔から180度回転させるとジオング顔が出てきます。

この顔はやはりしっくりきます。

キットのままだと人間的な可動が殆ど出来ない脚部ですががっつり改修して可動範囲を大幅に拡大しています。

太腿に可動ポイントを増設し前垂れと袴の引き出し可動化し干渉部分を逃す事が出来るようにしました。

これらの可動ポイントと膝関節の可動範囲拡大工作によって立膝も可能となりました。

股間に3mm丸穴を増設しており魂STAGE等の市販汎用スタンドに接続出来るようにしています。

股間ブロックは左右貼り合わせ構造なのでキットにいきなりドリルを入れるというわけにはいかないためプラ板で該当箇所を囲ったりした上で開口しています。口で言うのは簡単ですが何かと一筋縄には行かない事が多かったです。

ビームサーベルはクリアオレンジの一体成型なので柄の部分をマスキングして塗り分け、刃もシャープ化、刃そのものはクリアーオレンジとクリアーレッドでグラデーション塗装。

ビームライフル、ビームサーベル、シールド共にハンドリングし易く好印象。

手首は次元ビルドナックルズ「角」の一番大きいものを使用。まるで測ったかのように武器持ち手と武器のグリップがジャストフィットしました。

全ての手持ち武器は左右どちらの手首でも保持出来ます。

ビームライフルとシールドは肩のマジックハンドを180度回転した際に露出する3mm棒軸にて接続する事が出来ます。

これも左右どちら側にでも接続出来ます。

ショルダークローは差し替え無しで展開可能。但し展開時の保持力が少々怪しいです。

脚部を変形させて高機動形態に完全変形。

改修したことによって説明書通りの変形よりも末広がりな形状に変形するのでより一層ジオング感が出ます。

本体および付属品一式。

以上、HGハイドラガンダム完成報告でした。あれこれ手を加えたので一時はどうなる事かと思いましたがなかなかヒール感たっぷりな仕上がりになって無事ランディング出来たと思います。

This entry was posted in HG_ハイドラガンダム and tagged , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*