HGBD:R 1/144 アウンリゼアーマーをつくる。


先日いただいたアウンリゼアーマーを30 MINUTES MISSIONSと絡めて作っていきたいと思います。


アウンリゼアーマーはスタンドが付属します。


不気味とさえ言えるヌルっとした不思議なシルエットが素晴らしいです。


こういう奇妙なメカをどんどんプラモ化して欲しいですね!


一応背部に3mm穴接続なのですが、


穴の前に5mmの正方形の大穴があるためそのままでは市販スタンドに接続させるのは困難です。


そのためプラ材とプラ棒でアタッチメントを自作しました。
タミヤの5mmプラ角棒と同じくタミヤの曲がるソフトプラ棒3mm径を使用。


プラ材を用途に応じて手早く自作するためには材料をストックするだけでなく、手際良く工作出来る道具があると便利です。私は4年前にウェーブのレザーのこ&カットボックスというツールをいただいて作業効率が大幅にアップしました。


自作アタッチメントを介して魂STAGE に接続してみました。


魂STAGE act4というスタンドを愛用しているのですが本当にこれは使い易くて便利です。最近見かけないのでまた再販していただけると助かるのですがね。


どうやらアウンリゼアーマーというのは特定のガンプラと合体遊びが出来るとの事なのですが、私は手持ちのプラモで楽しんでみたいと思い30 MINUTES MISSIONSと絡める事にします。


まずはシエルノヴァから組んでみました。
私が所有する30 MINUTES MISSIONSキットは大抵いただきものですが、これはポケットマネーで購入しました。めちゃくちゃカッコ良くてめちゃくちゃ安いです。こればかりはBANDAI SPIRITSにしか出来ない芸当だと思います。


いつもの薄い箱の中に合理的にパーツが収められています。


パーツ数は80、PC入れると86です。
キャラものキット、超可動キットとしてはかなりパーツ数を抑えています。


組立説明書は片面カラー印刷。


こういう解説もちゃんと読んでおいた方が理解が深まって良いのでしょうが私は手を動かしてナンボほぼほぼ全く読まず一気に組み立てる派です(笑)


30 MINUTES MISSIONSの組立説明書はこうやって折り目を平気で跨ぎます。これが私は苦手です。


ガンプラでは折り目に沿ってコンテンツが整理されているのに30 MINUTES MISSIONSとスターウォーズの組立説明書は本当に読み難いです。


そんな事もあって私は30 MINUTES MISSIONS関連キットはまずパーツを全て切り出します。
このやり方で組み立てるとだいたい15分から20分ちょっとで形になります。但しパーツ紛失注意です。このやり方を採用する事で短期間で組み上がりますので作業を中断せずに一気に形にしてパーツ紛失するリスクを潰しておくのがコツです。


続いてアルト。
こちらは昨年か今年の初めあたりにいただいたものです。

いつも書いていますけど鉄血のゲイレールが好きな人ならアルトも一目惚れかと思います。

ガンプラが軒並み品薄になって久しいですが、ガンダムベースにゲイレールあるもんでまた作りたいと思います。あれ銃のグリップが手首と全く合わずプラプラする以外は完璧なキットだと私は思います。


こちらも一気にパーツを切り出しました。作り方は完全に頭に入っているので組立説明書は一度も開かずに組みあがります(笑)


並べてみました。
アウンリゼアーマーかなり体格が良いです。


アウンリゼアーマーの腕をシエルノヴァの腰に着けてみました。


3mm丸棒接続で無改造で取り付ける事が出来ます。


ビルダーズパーツのMSエフェクトを取り付けてみました。

後継に相当しそうな商品が軒並み貧相でチープなものばかりであまりにショボ過ぎるものばかりですので、一刻も早い再販が望まれます。


アウンリゼアーマーの脚部?側は3mm接続出来るような箇所が全くないので無改造で30 MINUTES MISSIONSに絡めるのは不可能でした。

ここは何かアタッチメントを自作してみたいと思います。出来ればアルトの腕に取り付けたいですが。


シエルノヴァのオプションアーマーというものを買ってみました。ヨドバシにこれだけやたら大量にぶら下がっていたのでなんだか不憫に思い購入したのです(笑)


が、しかしこれがかなりカッコ良いです。


ロビンマスクを邪悪にしたみたいなマスクと巨大な手首が誠にカッコ良いです。

鉄血に出てきてもルプスレクスと良い勝負しそうな勇ましい造形。


シエルノヴァのハンドガン銃口にタミヤの8mmプラパイプを取り付けてみました。

サプレッサーにも見えますしバズーカにも見えます。ここから少しディテールアップして製作する予定です。


大昔に購入したコトブキヤの武器セットに入っていた斧を持たせてみました。かなり似合います。


続いてアルトにもオプションパーツを取り付けてみたいと思います。

ヨドバシカメラ博多のプラモコーナーが3階から地下1階に移動した際、安売りセールがなされていたものを購入。なんと税込で100円。

私は毎週何度もヨドバシに通っていますがその情報を知らなかったため、売り切り寸前になってたまたま気づいてひとつだけ購入しました。イングラム三号機みたいな電子戦担当的な顔面センサーな面構えで誠にカッコ良いです。


満を持して先ほど開封して組み立てたらなんだか妙に小物感が強調されてしまいましたwwwこれは弱そうです。

手持ちのナイフはFA:G迅雷に付属していたものです。刃を逆にして持っているところもまた小物感を加速させています。。。


アルトのオプションパーツは今回見合わせてまた別の機会が来るのを待ちましょうかね。


今回無塗装でサクッと終わらせようかと目論んでいたのですが、以前塗装したアルトイエローと並べるとやはり塗装しておこうかと思います。せっかく塗装出来る環境に居るわけですからベストを尽くしましょうかね。塗るか塗らないかでクオリティに相当な差が出ます。


久しぶりに水中ポルタを箱から出してみました。
改めて見直してみても相当カッコ良いです。
配色変えてまた作ってみたいんですがね。

但し重量過多なのか関節の保持力がかなり落ちていました(笑)完成後はほぼほぼ箱に入れられて横になっていたのに。まぁ渋さは調整し易い構造・材質になっていますのであまり心配する必要はないでしょう。


タンクの取り付け方法など今回のアウンリゼアーマートの絡め方について色々ヒントがあるような気もしますが、アウンリゼアーマー側に3mm穴を設けないとちょっとこういう接続は難しいですかね。


という事で今回は以上です。月内完成させたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください