定番にして鉄板
HGBF ハイモック改造
“ハイモックキャノン”
完成報告。

000
久しぶりに帰ってきました。
本業の殺人的な日程の合間に少しずつ作ったハイモック。4体作ったのですがまずは鉄板アレンジ「ハイモックキャノン」で御座います〜

001

正面。
通常の(ハイ)モック状態にも出来るようにしています。

002

配色はご覧の通りMSVのザクキャノンを意識しています。

003

随分と久しぶりの塗装でしたがブランクを感じさせない仕上り(自画自賛)となり大満足です。

004

背面。
なかなかタフなシルエットです。

005

目玉部分はキットのままだと頭部と一体且つシール再現なのでここは一旦くり抜いて手芸用の貼り付けガラスを嵌め込みました。今回は赤をチョイス。

006

そして要所要所にモールド追加と1mm金属球を追加していきました。

007

ところどころ左右非対称に埋め込んで動きのある配置を心掛けます。

008

階級章はジオン軍のものを貼りました。ジオンマークも当初貼るつもりだったのですが流石にやり過ぎかなと思い止まり結果良い塩梅に。

009

脛は別パーツになっているので脹脛とは異なる同系色で塗装し地味にツートンカラーにしてみました。ブランクのあったガンプラ制作であるにも関わらず加工/配色/塗装/仕上げとやることなすこと全部上手くいった気がします。

010

おしり。

011

肩にあるセンサー?部分にも貼り付けガラスを装着しました。

012

同じくサイドアーマー部にも。

013

恒例の身体測定は勿論HGUCザクF2と。
設定では頭頂高18mとのことですがかなり低身長です(笑)

反面横方向に限らず全体的にメリハリの効いたスタイリングでボリュームがあります。格闘技やっている人でこういう体型の人いますよね。喧嘩強そうです。

014

お次はカプール(旧キット モビルカプル)との比較。

015

可動も優秀です!
褌内側にあるピン等をごっそり削り落としたので股間周りの可動範囲も拡大しました。

016

モックアーミーセットからロケットハンマーを持ってきました。

非常にボリュームがあるため流石に保持は難しいです。ただしその分ハッタリが効いたシルエットを実現出来ます。

017

股間には3mm丸穴がありますので各種汎用スタンドに無改造で接続出来ます。

018

個人的にロケットハンマーはお気に入りの武器でして殆どこれのためだけにモックアーミーセットを購入したと言っても過言ではありません。

020

キットのままだと武器を持たせる時にいちいち手首を分解する必要があったのですが武器のグリップを削ってお手軽に持ち替え出来るようにしています。

021

脹脛にある六角形パーツは下側に突起があるので爪で引っ掛けると容易に取り外せます。この辺の嵌合の丁度良い感じはさすがバンダイと言わざるを得ません。本当にこのハイモックというキットは良く出来ています。

022

ということでハイモックキャノンです。
量産機に渋めの配色と背中にキャノンで大抵MSVっぽくなります(笑)ガンプラ文法的に鉄板アレンジであり安定感バリバリですwww

023

ハイモックを手にしたガンプラビルダーなら誰しも思いつくアレンジだとは思いますが私なりにこの定番アレンジをきっちり形にしてみたいと思ったのです。

024

ミサイルランチャーはEz-SRから流用しました。

025

バックパックとの接続とミサイルランチャー本体との接続共にHGUCバイアラン・カスタムのKPS製Hランナーを軸に使用して摩耗対策を行いました。

026

同じく180mmキャノンもEz-SRから流用。

027

こちらもバックパックとの接続にバイアラン・カスタムHランナーを使用しています。

028

丸い突起部分をセンサーと解釈して貼り付けガラスを装着しました。グリーンの2mm径を使用しました。

029

脚部には3連ミサイルポッドを装着。
HGUCザクF2からの流用です。

030

こちらの接続にはビームサーベル等で使われている透明軟質素材を用いました。

031

アクションポーズ。

032

キャノンを背負いつつ泥臭い配色の機体は地に足をしっかりと着けたポーズが非常にサマになります。

033

我ながら良い感じです。
これを機にガンプラ復帰しつつMSV路線の拡充を図りたいと思います。

034

手持ち武器にサブマシンガンを用意してみました。
コトブキヤの名作シリーズのものをグリップを削る等しました。

035

こちらもセンサー部分を張り付けガラスに変更。

036

股間周りの干渉部分を整理したので立て膝もスムーズです。

037

先ほども述べましたが今回はやる事成す事殆ど全て目論み通りにいきました。ここまで頭の中にあったイメージがキッチリ再現出来たのは今回が初めてかも知れません。

038

全弾発射!!!!!!!

039

MSGシリーズはこのダブルマシンガンのみならず何かと優秀なものが多いので積極的に使っていこうと思います。

040

浮かせてみました。

041

当初ウェザリングをしようかとも思ったのですがこの状態で充分に重量感があるので綺麗目に纏めて正解でした。

042

ハイモックそのものが何かにもの凄く似ているようで実は何にも似ていないという極めて希有なナイスデザインなので色んなアレンジを楽しめます。

043

ダブルマシンガン。
ジェスタ等にも似合いそうです。
形状的にも取り回し易いスグレモノで御座います。

044

ということでハイモック4連発の筆頭に相応しい安定感あるアレンジでした。

044b

今回の作例一式。
素組みで良し、アレンジして尚良し、おまけに値段良し。
迷いは不要です。このキットは買いです。

045

次回予告!
ご期待ください。

2 thoughts to “定番にして鉄板
HGBF ハイモック改造
“ハイモックキャノン”
完成報告。”

  1. 安定感のある配色&鉄板アレンジですけど、今まで自分が見てきたハイモックキャノンの中で一番かっこいいです!
    塗装のキレイさ、配色と細かいモールドやセンサーパーツの加工等のアレンジがすごくいい感じです。

    ロケットハンマー装備のハイモックを見て、自分もアーミセット買っちゃいました。笑ドムにでも装備してみようと思います。

    1. ジャム様

      有難う御座います!
      今回作った4体のハイモックの中で間違いなく一番地味な内容なのですが個人的には一番安心感があって落ち着きます。
      ロケットハンマーはデザイン/サイズともに非常に良い感じですよね。造りもシンプルなので意外に軽量ですし当ブログでも継続的に使用していこうと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください