HGIBO ゲイレール
ゲイレールシャルフリヒターとコンパチ仕様で完成報告。


HGIBOゲイレールSAUモビルワーカーと共に完成しました。


MSオプションセット8と9を使ってシャルフリヒターも再現可能です!!


正面。


ご覧の通り建設車両風に塗ってます。工事現場っぽく所謂「とら縞」です!

ギャラルホルンから払い下げられたMSを公共事業に使っている的なイメージで制作してみました。


頭部に限らず全身よく動きます。


鉄血系のキットで個人的に気に入っている機体の多くが海老川さんという方がデザインされたものだと知り驚きました。この人凄いですよね。ガンプラ化された際のパーツ分割のイメージがほぼ完璧に出来ているのだと思います。


武器とフレームの一部にしか合わせ目消しが必要なモナカラインが出ません。レギンレイズと同じ人がデザインしたというのも納得です。


背面。
旧型機らしい無骨さとシンプルさが共存しています。


足のデザインは見た目もカッコ良く接地性も高い、そして前後に適度に長いのでひっくり返るような事も無く機体を上手く支えてくれる非常に機能的なデザインです。


SAUモビルワーカーも一緒に制作しました。


特に改造等はしていませんが特徴的なシルエットをたった3パーツで見事に再現しています。


砲口にはパイプパーツを埋め込み密度感を上げました。


キットのままだとスポスポ取れて保持力が異常に低かったライフルはグリップの形状を変更してしっかり保持出来るように改修しました。


製作中の写真。一手間加える事でポロリ多発のストレスを解消することが出来ました。成型やモールド追加もその後しっかりやっています。


銃口には金属製の挽き物パーツを埋め込みディテールアップ。


とら縞はシールや水転写デカールではなく3mmマスキングを一枚一枚貼って塗装で塗り分け。手間が掛かりますが仕上りの美しさは塗装の方が遥かに上ですのでやる価値はあるかと。



両手持ちも可能。


可動範囲が非常に広いので立て膝なども余裕。


SAUモビルワーカーはMSオプションセット8に付属しますがゲイレール単品状態でフル装備。


スコップ持たせたくなる配色です(笑)


ここ最近作った中でも格別お気に入りです。


シールドアックス。シールド状態、斧状態共に左右どちらの腕にも装着出来ます。



ピッケルはMSオプションセット8に付属します。


MSオプションセット9からまずはクローシールド一枚装備。


こちらのとら縞もマスキングで塗り分け。


肩に接続するアタッチメントを取り外して付属の取っ手を取り付ければ手持ち武器として持たせる事が出来ます。


両手持ち!!


途端に怪物的なシルエットになり面白いです。


シャルフリヒターの頭部を取り付ければ尚更!


ターンエーに出てきても違和感ありませんね(笑)


ということでシャルフリヒター状態に換装。


ピッケル両手持ち、クローシールド二枚装着を実現するにはMSオプションセット8と9それぞれ二個必要です。


側面。
ストライプ塗装する際マスキングテープが一部あべこべになったりしましたがそのまま貫き通しましたwww


なかなかボリュームあります。


色が色なのでハリー・オード専用機みたいな感じにも見えますね(笑)




もうハリー中尉にしか見えなくなってきた。。。


このでっかいもとい鍬も素晴らしいです。



迫力満点。


畑を耕してるようにも見えて和みます。MS使って治水事業や箱モノやったら捗りそうですね〜


MSの土一揆じゃ〜「アリアンロッド大概にせぇよ〜」wwwwww的な一枚。


今回の配色で袖付きズサを塗ったらZZ版みたいになりそうですね。今度やってみたいと思います。


付属品一式。
ということでHGIBOゲイレールでした。
かなりバランスの良いキットでパチ組みでも目立つ合わせ目はライフル以外ありません。色分けもしっかりしていますし値段も安く可動範囲は大変広い、ロートル感漂うデザインも味があって愛嬌があります。

活躍シーンは確かにありましたが搭乗者のみならず関連するキャラクター達が軒並みゲスくてどうにも印象が悪いのが残念ですね。ただしガンプラとしては充分楽しめるものに仕上がっておりますので週末のお供にうってつけのオススメキットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください