なんてことだ…
私の積みは止まらない(笑)
HGIBO グレイズアイン
レザーフェイスみたいな顔して
禍々しく完成報告。




HGIBOグレイズアイン、作った自分でもドン引きするくらい禍々しい仕上りで完成してしまいました。どっからどう見ても呪いの人形ですよこれは(笑)


2016年の前半に購入してからああでもないこうでもないといじり続けてようやく完成となりました。


正面。
キットそのものも出来が良いのは確かなのですが色々自分好みに弄っています。


まず胴体部分で約10mm延長し縦方向のスタイリングを変更。


一体成形でキットの可動を大幅に殺してしまうサイドアーマー&リアアーマーを分割し独立可動するようジョイント部を新造。


キットのままだとどうにも内股過ぎる感じがしたので股間ブロックで左右それぞれ約4mm横方向に延長し邪悪なガニ股シルエットに変更。


後述しますがお尻側にはブースターユニットが二基、更に内側にはパイルバンカーを二基増設しより一層隙の無い機体として完成しております。


グレイズアインの機体コンセプトはしっかり踏襲しつつの武装や機動ユニット増設としております。


細々した作業は他にもあるのですがそれどころじゃないくらい目立つのはやっぱりこの顔!


こ、怖いっす。。。


MSと人間の一体化を果たしたグレイズアインの禍々しい狂気や苦悩を表現したくてアインの顔を機体のマスク部分に取り付けようと思ったのです。


ということでエポパテをこねくり回して造り出して出てきたのがこの顔です!!


どっからどう見てもアインじゃねえだろこれ…(愕然)


はい、どう見てもレザーフェイスです。


とにかく導かれるままに形が出てきましたのでプラモの神様の啓示だと思うようにしています(笑)後述しますが通常のグレイズアインのマスクに差替える事が出来ます。


肩ブロック。
細かく塗り分けてます。


紫系の外装は黒下地の上にガンメタルを一旦吹いてからクレオスのGXクリアーパープルを吹いてダークだけどもモノクロとは違う怪しい発色を目指しました。

間接は黒下地の上にガンメタル、黒い外装パーツは黒下地の上にメタルブラック、メタリックレッドの部分は黒下地の上にEXシルバーを一旦吹いてクリアーレッドを塗ったキャンディ塗装です。


ギャラルホルンマークや機体の型式番号はモデグラ2016年11月号付録の鉄血水転写デカールを使用。それ以外のコーション系デカールはHIQパーツのメタリックデカールを使用しております。今回は銀を使いました。実物は写真に写っているものよりも更に金属そのものといった感じの発色をしています。


肩部格納式機関銃は差替えです。1mm金属球を埋め込んだり銃口にパイプパーツを埋め込んだりしてディテールアップしています。


死にゆく者がいて、死を免れた者がいる。アイン、お前を死なせたくはない。お前の命は俺にとって、有象無象の命とは比べられぬ尊いもの。しかし、お前を生かすためには必要なものがあるのだ。


それは、罪深き不浄の決断。


こんなん突っ込んできたら腰抜かしますわ。。。


グレイズ系特有の胸部にある二基の円筒形パーツにはラピーテープ赤を貼付け、腹部フレーム部分には赤いビニール被膜導線を血管のように生やして生々しさを表現。


一体成形されて股関節の可動を著しく妨害していたサイド〜リアアーマーはパネルラインに沿って分割しボールデンボールアームズのジョイントパーツを組み込んで可動化。


グレイズアインが登場した時に掛かる曲本当に合ってますよね。いつも良い場面で使われてます。


間違いなく今まで作ったガンプラの中で一番怖ぇ。。。



「もらっっったぁ〜〜〜えっ???」


ぐは!


今の反応…阿頼耶識!?


アジーさん!?


「わかる…!考えなくてもわかる!」


アジー返事して!


動きが読めない…


気持ち悪い…!


確かに(笑)!


「ラフタさんあぶねぇ!!」


何???


ぎゅいいいい〜〜〜〜〜ん!!!!!


恐怖のドリルキック!


ドリルキック状態パーツは左右分付属!!


シノ流星号「野郎っ〜〜〜〜〜!」


のわぁ〜〜〜〜(返り討ち)


ぐわっしゃぁ〜〜〜〜!!!


パイルバンカーずご〜〜〜ん!


この武器まじおっかねぇス。。。


パイルバンカーは基部毎取り外し可能です。


レザーフェイス、パイルバンカー二刀流(怖)


巨大な斧、グレイズアイン専用大型アックスは背中にマウントされています。勿論ふたつ付属。


およそMSとは思えないアナログな顔面が着いているのに身体の方は人型から外れた異形の体型です。自分でこんな風に改修しときながらいざ完成すると怖過ぎてチビリそうになります(笑)


サイドアーマーの可動化を行なったことで可動範囲が大幅に拡がりより生々しいポージングを取ることが出来ます。


動きが読めない!気持ち悪い(褒め言葉)!


足の裏はこんな感じにディテールアップしています!中心部のスラスターだけ黄色です。気持ち悪い(褒め言葉)!


あ〜これ今夜夢に出てきそう。。。


劇中でも超が付くほどの曰く付きMSでしたがリアルに曰くがありそう。。。


あ〜ぜったい夢に出てくるなこれ(笑)心霊写真みたいな顔しやがってwww


日中見てても怖い(笑)まさか私がこんなダークサイド全開な造型をすることになるとは。


気を撮り直して景気の良いカラーリングの流星号と記念撮影です。流星号も5mmほど全長が伸びていますがそんな事大勢に全く影響を与えないほどグレイズアインはデカいです。


最近完成したグレイズ系キット達と。


当ブログでは積みまくったまま中々完成しなかったHGグレイズ系キットですが今月だけで4体完成しました!


ギャラルホルンモビルワーカーとツーショット。


一緒に並べたくて第六形態バルバトスもちょっとずつ作っていたのですがもう少しで完成に漕ぎ着けそうです!


クタン付属のバルバトスもだいぶ大詰めですがクタン完成は来月以降ですのでこちらは暫く封印します。それにしてもバルバトスは塗り分けが本当に大変で塗装で大苦戦しました。しつこくマスキングしたり塗り直したりしてちょっとずつ進捗しようやく完成が見えてきました。まだ細かい作業が続きますので油断せずに取り組みたいと思います。


そして公約通り2体同時に作ると決めた漏影。
ぱち組みレビューは割愛して出来るだけ早く完成させたいと思っています。ご期待ください。


かなり出来の良いキットで後ハメ加工が必要な箇所は頭部のみ。構造を理解すれば比較的イージーに後ハメ化出来ます。

それにしてもこのキットは別にパーツ数が少ないわけでもないのにとても組み易いです。1体目を組んだ翌日に2体目を組んだのですがその時私は組み立て説明書無しで組み終わりました。非常に性に合うキットです。


お尻に追加したスラスター。


HGキマリストルーパーの余剰パーツとなるガンダムフレームの脚部パーツを使い先端に左右ふたつずつバーニアを取り付けております。


ボードウィン特務三佐の機体との一体化!!市街地までひとっ飛びですよ。


更にお尻にはふたつのパイルバンカーを追加。ボールデンアームアームズに付属していたパーツをキンキンに尖らせて装着。万一背後を取られても阿頼耶識でお尻からパイルバンカーがズドーンと発射されるというイメージで取り付けてみました。


頭部はノーマル?グレイズアインの顔面に差替える事が出来ます。


内部センサーは貼り付けガラス2mm径赤。四角いセンサー部分はラピーテープ赤を使用。


グレイズアインのオリジナルデザインはトランスフォーマーのショックウェーブ(レーザーウェーブ)っぽさがありますよね。シルエットは何処かジオングっぽい。


特にジオングっぽい頭部のシルエットあたりは色々劇中での役回りを考え抜いた素晴らしいデザインだと思います。




やっぱりこの顔に戻ってきました(笑)


捨てても捨てても帰ってくるんです(怖いからやめて…)


でも私的には怖カッコ良い感じがしてとても気に入っております。今年最初の結構弄くったキットとなりました。


今回の完成報告で2017年1月は11体完成させた事になります。


モビルワーカー二台を加えれば13体!


正直言って毎日寝不足ですが今年も作り続けます!!!!!


何かと曰く付きの握り拳が左右分付属します(笑)「曰く=豪快且つ綺麗に埋めるのがかなり難しい肉抜き穴」なのですがここはビニール被膜導線を埋め込んで何かよく分からないけれどヤバい機械って感じのアレンジにしてみました。


こうやってアッパーとかやらせてみるとちょっとスタローンみたいな雰囲気も漂います(笑)


人生初の艶かしい人間の顔をスクラッチしたわけですが、美少女フィギュア的な方向に行かずこういう世界観になってしまう所が当ブログらしいところです。


この作風でFAガールとかスーパーふみなとか作ったら恐怖の人形屋敷みたいなブログになりそう。。。


色数少なめに見えますが結構細かく塗り分けたりして塗装も手が掛かってます。


あとご紹介し忘れていましたが脚部のスラスターは大きく展開可能です!


こんな感じでバーニア部分はガンメタの上にクリアーレッドでグラデーション。


かなり長い期間弄ってきたキットですがこうして完成報告が出来て本当に良かったです。正直かなり気に入っております。


付属品一式。


ということでHGIBOグレイズアインの完成報告でした!

グレイズアインという機体の位置づけは変えずに私なりにイメージを膨らませてそれを立体物として形にする事が出来たと思っています。あれこれ考え出すと空中分解して結局完成が遠のきいつの間にか倉庫に積まれたままということが私のプラモ人生ではままあるのですが今回は良い方向に収まりました。

今回私の人生で初めて有機的なパーツを自作してみたのですが確かに面白いですね。当初の予定とは全く異なるレザーフェイスみたいな造型が現れて来た時は自分でも驚きました(苦笑)いつかレザーフェイスとかもスクラッチで作れるような技術を身につけてみたいなとも思いました。フィギュアの分野は全くもって疎いのですが少しずつトライしてみたいと思います。

それにしても劇中で「積みは止まらない!加速する!」とかいきなりアイン君が叫んだ時はドキッとしましたよ(笑)あ〜「罪」の事ねと気付くまで暫く時間が掛かりましたからwwwあの台詞が原動力になったのかも知れませんね。さて次回予告ですがこの流れで行けば当然ながら第六形態と漏影ということになります。2月も気合いで完成させていきたいと思いますので今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください