HGIBO ヘルムヴィーゲ・リンカー
ぱち組みレビュー。


今回は久し振りの新製品ぱち組みレビューです。
ご覧の通りモビルアーマーを倒したヴァルキュリアバスターソードとその台座、もといヘルムヴィーゲ・リンカーでございます。


組立説明書とアンケートページ誘導小型ちらしとホイルシール。シールの少なさが成形色レベルでの色分けの優秀さを物語っております。


よく考えたら石動はガンプラ箱絵や組立説明書初登場でしたね。監査局時代からマクギリスとは面識がありマクギリスのアグニカ思想を支持しているようです。この辺りがずっと気になっていたので個人的には有益な解説でした。


初登場時のポーズで(笑)
本日夕刻に事務所にこの商品が到着した瞬間全ての作業を中断してぱち組み開始しました。約35分で組み上げました。とても組み易いキットで後述しますがあらゆる面で超優秀なガンプラです。最近のガンプラ、特に鉄血系キットはケチを着ける場所がほぼありません。本当に凄い時代に突入しました。


正面。
この勇姿!こういうロボットのプラモデルがずっと欲しかったんですよ。もうサイコーです。


とても石動が乗ると思えないガチムチなシルエットですがフレームは名作フレームヴァルキュリアフレームを採用しております。これは設定上もそうですがキットそのものもそうです。


背面。
力強いシルエットで非常に頼もしいです。これならモビルアーマーもイチコロだね!と当時の私は思っていましたが。。。

※補足
前腕外装が左右逆になっておりました。


鉄血二期のガンプラで私のお気に入りキットと並べてみました。ヘルムヴィーゲ・リンカーはタテヨコ共に非常に大柄です。


頭部今まで形状をよく掴めてなかったのですがガンプラ化されると立体的に捉えることが出来ます。


胸の六角形パーツを差替えて顔面に装着することが出来ます。


特徴的な頭部の角は可動します。敵機に突き刺し機体内部構造を焼き切る電撃角というものらしいです。


バックパックは内部スラスターとそのスイング可動ギミックを実現する一体成形のパーツを挟み込む形になります。ここは後ハメ化したいところです。


こんな感じに可動。


前腕外装にも目立つ合わせ目があります。ここも何とかして後ハメ化したいところです。


見た目に反して可動はかなり優秀です。撮影し忘れましたが立て膝も可能。頭部等も非常に良く動きます。


そして本体。
いや武器のヴァルキュリアバスターソード。
でかいです。


柄の部分にスリットがあり手首の突起に調度良い塩梅でフィットしまず手首の段階でしっかり保持されます。


そして手首と前腕を繫ぐBJも通常より大きい径のものが採用されておりこれまた安定した保持に貢献しています。


更に手首と前腕を繫ぐBJの間に余計な遊びが出ない設計のためこれがまた巨大な武器の安定した保持に一役買っています。


手首と前腕の間に多くの工夫や過去のフィードバックの形跡が見られ素晴らしいです。


もちろん左手でも同様のハンドリングが可能です。


ハシュマル戦でガンダムフレーム機が使えないという判断が下された際、私はこんな感じでヘルムヴィーゲと獅電、ランドマンロディ達とのアツい共闘でモビルアーマーを倒す展開になるんだろうなと思っていましたが実際はかなりホロ苦いデビュー戦に…


差替えで劇中印象的だったヴァルキュリアバスターソードのマウント状態を再現出来ます!これはかなり嬉しいです。


蹄のような靴も差替えで展開状態に出来ます。これもかなり有難いですね〜物理的にも安定感がが増すので助かります。


裏はこんな感じ。


ということでHGIBOヘルムヴィーゲ・リンカーのぱち組みレビューでした!

新製品レビューは一時期熱心にやっていたのですがこれをやるとどうしても完成が遅れるため去年辺りから制作に専念するプレイスタイル(笑)に転向しておりましたがこのキットだけはやっておきたかったので今回の投稿と相成りました。

今回は同時に漏影も出荷されましたが名瀬の兄貴があんな目にあった直後なのでタービンズ関連キットは多くの方が今頃ぱち組みレビューを投稿されているかと思いますので当ブログでは割愛し漏影はいきなり制作に入って出来るだけ早く形にすることで兄貴と姐さんの供養としたいと思います。無論二機同時制作しますのでご期待ください。

話が少し逸れましたが今回のレビューで撮ったヴァルキュリアバスターソードを持たせた写真は全てキットの保持力だけでポージングさせています。本キットの保持力の優秀さをお伝えしたく全て地から離れて持たせた状態で撮影しています。いつもなら多用する魂STAGE 等も敢えて一切使用しておりません。それくらい安定感のあるキットです。

ベースとなったグリムゲルデがマタドールだとしたらこちらは闘牛で全く対極を行く方向に向かった機体ですが信頼のヴァルキュリアフレームが見事に立体化に貢献しています。見た目良し、可動良し、保持力良し、色分け良し、値段良しと隙の無いキットです。今週末買おうかどうか迷っている方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください