HGIBO グレイズ改
完成報告。




今回はHGIBOグレイズ改の完成報告で御座います。
2017年1月はこれで10体完成です。モビルワーカー2体を加えたら12体!自分でもビックリなペースです。


HGIBA MSオプションセット2に付属するCGSモビルワーカーとバズーカ砲、そして肩部ラックを使用しております。


まずは素のグレイズ改状態で正面。


作っている時はえらくなで肩だな〜改造しようかな等と思ったりしたこともあったのですがこうして撮影すると僧帽筋を鍛えまくったシルエットにも見えるのである意味昭弘らしいシルエットに(笑)


背面。


頭部。
メインセンサーはラピーテープを切り出して貼っています。


グレイズお馴染みの胸部コイルパーツにはラピーテープ赤を貼込み。


カクカクした外装に包まれたグレイズにはカクカクした頭部が似合います。オリジナルのノーマルグレイズよりグレイズ改のリックディアス風頭部の方がデザイン的にも馴染んでいるように思います。


開閉ギミックも健在で中心部に2mm径の貼り付けガラスを埋め込み。


左肩にはモデグラ2016年11月号付録の鉄血水転写デカールを組み合わせて貼っています。これは是非とも通常販売して欲しいアイテムです。


背中のリアクター部分にもラピーテープ赤を貼っています。


その他コーションマーク類は九分九厘HIQパーツ社製です。


背中の大型バーニアは上下スイング可動します。


お尻にも鉄華団マーク。HIQパーツのコーションと組み合わせて貼っています。


当ブログの昔の作例を見ると空間があればすかさずモールドを彫ったりデカールを貼りまくったりしていましたが最近は少しずつではありますがバランス感覚が養われてきたように思えます(自画自賛)勿論昔作ったキットも気に入っておりますが今は無駄打ちしなくなった気がします。


要所要所に1mm金属球を埋め込み。今回は金色を使いました。緑系の機体に合います。


腰部を約5mm延長し短過ぎる胴を伸ばしつつ、キットのままでは殆ど無可動だった腰の回転可動が360度出来るようにしました。その反面元々窮屈だった立て膝時の股関節可動が窮屈に。この辺りはトレードオフですね。


腰の捻りが入るようになりましたのでポージングに力強さが加わりました。


筋肉系の機体ですので力強さが大事です。


脹脛は定番の後ハメ加工を行い左側に鉄華団マーク等のデカールを貼り付け。


他のグレイズ系キット同様ライフルが付属。


先日完成したグレイズ同様左右どちらの手でも持てますし両手持ちも出来ます。撮り忘れました。


やっぱこのカクカクした頭部や胸部パーツ良いですね。こちらの方が量産機っぽい。


グレイズ系の機体は外装の平面をしっかり出してやると綺麗な陰影が出ますのでヤスリがけの練習にもうってつけです。


バトルアックスも付属。他のグレイズ系キット(流石にグレイズアインは規格外ですが)同様サイドアーマー左右どちらでも装着出来ます。





鉄血系キットの完成品がぼちぼち揃ってきたのでこうして絡める事が出来るようになってきました。


皆さまは鉄血のオルフェンズ40話「燃ゆる太陽に照らされて」をご覧になられましたでしょうか。私は毎週配信で視聴していますが今回は辛過ぎましたね〜兄貴をコケにしやがって!


モビルアーマー編でちょっとグダグダになりかけてましたがここに来て話が一気に動き出しましたね。今後が楽しみです。


グレイズと比較。
同様の改修をしており一緒に並べた時の統一感があります。


HGIBA MSオプションセット2に付属する肩部ラック装着状態で比較。


劇中でアミダ姐さん達と対決した際はこんな感じで出撃していたかと思います。それにしても架空の人物とはいえ姐さんまで逝ってしまうとは…(号泣)


両肩着けるとかなりパワフルなシルエットとなり昭弘らしさが出ます。やっぱりこっちの方が強そうですね。


バズーカを懸架するパーツは何故か片方分しか付属しません。これはガンプラ七不思議に加えても良いほどの謎パーツ構成です。たったひとつのパーツを入れるか入れないかで粗利が大幅に変わったりするのでしょうかね?それかこの状態で既にギリギリの採算ベースだったとか?私はバンダイに努めているわけではないので知る由もありませんが。


保持力抜群で素晴らしいです!
この機能もタービンズ戦で使われていました。よくよく観直すと姐さん初見で相手の攻めてを見抜く洞察力がめちゃくちゃ高いんですよね。この前の日曜日に死んだけど。。。

先日仕事帰りに久し振りにお店に行きましたが百錬アミダ機が綺麗さっぱり無くなっていました。今まで売れ残り筆頭だったのにアミダ姐さんの凄さは居なくなってから思い知りましたよ。それとバルバトスも未だに売れまくっていますね第四形態第六形態ルプス全て売り切れていました。凄い。。。


イオク様はどういうけじめを着けさせられるのでしょうか。最初は笑って観てましたがモビルアーマー編で(図らずも)農業プラントにハシュマルを誘導してしまう辺りから笑えなくなってきました。。。


ラディーチェやガランもたいがい胸くそ悪かったですがジャスレイは更に上行くゲスっぷりが前回で鉄血二期は鉄華団が受ける困難に大人のヤラシさが加わりました。


これが件の懸架パーツ。
左右分付属せず一個しかないので両肩にこれを着けたい場合はHGIBA MSオプションセット2をふたつ買う必要があります。


但し肩部ラックは左右対象ですので両肩に武器を着けたい時以外は左右差替える事で解決出来ます。


バズーカ砲はグリップがふたつありどちらも柔軟に動きますので両手持ち可能です。


配色はいつものガンメタにクリアーレッドのグラデーション。


ここ最近のガンプラは武器の造型やサイジングが素晴らしいので本当に助かります。


全部載せ!


こうなるとなかなか迫力があります。
同じくHGIBA MSオプションセット2に付属するCGSモビルワーカー(宇宙用)も制作しました。


肩部ラックを取り付けた状態で正面写真。載せ忘れていました。



流星号と記念撮影。


同一機なので劇中で並ぶことはありませんがガンプラであればそれが可能です!


後の流星隊と筋肉隊の競演!!


まだまだ鉄血系はぱち組み放置状態のキットが多いのでここから追い上げていきたいと思います!


先ほどちょろっとご紹介したCGSモビルワーカー。


キットのままですとグレー一色ですが塗り分けると見違えます。


今回キットのまま素組みです。


マスキング出来る箇所はマスキングで対応し細か過ぎる場所は極細面相筆で塗り分けました。


MGのパイロットフィギュア同様こうした細かい立体物は塗る前はかったるいですがいざやってみると何とかなるもので途中から楽しくなってきます。


左右にある機銃は360度回転。胴体も少し左右に触れます。宇宙用はこれだけ動けば充分楽しめます。


今回素組みですので裏面の肉抜き穴等はそのままにしていますが中央の肉抜き穴なんかはちょうど3mm系の軸が嵌るので市販の汎用スタンドに取り付けたりする事が出来ます。


こんな感じで浮かせる事が出来ます!


私は魂STAGE を使いました。


「すいません、無理言ってついてきちゃって」
モビルワーカーの兵装が少し異なりますがタカキと哨戒。第10話です。今回絶対やりたかったのがこれです。


「…それっきり昌弘とは会ってねえ…」


「お〜るふぇ〜〜んず〜なみだー」
一通りOP、ED4曲ず全て出揃いましたが今聴くとこのエンディングは別格ですね。そして改めて観直すとマンロディの作画って常に気合いが入っていて制作再度の愛を感じます。このシーンの作画は特にめちゃくちゃカッコ良いのです。この斧を振りかぶる直前に持っていた銃は後にマウントしているのでしょう。非常に細やかな演出だと思います。


マンロディもなかなか作るタイミングが掴めないままズルズル長引いていたのですがMSオプションセット9にランドマンロディの脚部が付属すると聞きプラモの神がお導きくださったのだと運命を感じましたねwwwこの時のために私は積んでいたのか!と(笑)


ちなみにモビルワーカーとの接続は背部バーニアの中心部に1mm穴を開口しアルミ線で接続しております。


2016年1月の出荷日に抑えましたがなかなか進捗芳しくなくようやく完成しましたが時間を掛けてどういう仕上りを目指すかあれこれ考えてきた分、出来に納得しています。


さて次回予告ですがどう考えてもアレしか考えられないでしょうね〜当然二機同時に作ります!早く完成した姿が見たいのでぱち組みレビューせず開封報告だけ行なってすぐに作業に入るかも知れません。そしてガンダム名鑑ガムのハンマーヘッドも同時に制作します!ご期待ください。


付属品一式。


ということでHGIBOグレイズ改でした。
ベースのグレイズが優秀という事もあり安心の出来となっております。ちなみにノーマルグレイズに組み替える事は出来ないためそのままではプレイバリューはやや劣りますがこれだけのクオリティのキットが実売数百円で購入出来るという事実が驚異的であるということは変わりません。

当ブログではHGIBA MSオプションセット2に付属する肩部ラック、バズーカ砲、モビルワーカー等を追加して楽しんでみました。素のグレイズに比べてスクエアな意匠がふんだんに盛り込まれデザイン的な変化も大きく既にグレイズを所有しているという方も楽しめるものとなっております。発売からだいぶ日が経っての完成報告となりましたが非常に出来の良いキットです。

当記事がご検討中の方の参考やご購入の後押しとなれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください