HGIBO モビルレギンレイズ
完成報告。


本日の投稿はHGIBOレギンレイズの完成報告で御座います。


2体作りました。


正面。


背面。


本キットはジュリエッタ機として立体化されていますが私の好みで特殊部隊か試験機的な機体をイメージしてこんな感じの配色にしてみました。多くの部分で先日作ったヘイスティと共通した塗装をしています。


素手で正面写真。


デジタル迷彩っぽい箇所はHIQパーツのピクセル迷彩デカール、コーションマークもHIQパーツ。


ギャラルホルンやセブンスターのマークはモデグラ11月号付録の水転写デカールを使っています。


グレイズの後継機という設定ですがキットの方も多くの点でグレイズから進化しています。


素手状態でもう一回背面。


背中のリアクターは付属のシールの上にラピーテープを貼付けました。こちらは緑。更にその上にHIQパーツのオーロラデカールを貼り込みました。


こちらはラピーテープ赤を直接貼りました。


顔のメインセンサーや胸部のパーツにもラピーテープを貼っています。


こちらは赤。


肩の装甲は3mm丸棒接続で撮ってはいませんが劇中のようにパージ出来ます。


太腿の装甲はキットのままだとBJ接続でフレキシブルに動くのですがポロリが激しく私は接着しました。可動範囲の妨げにならないポジションで固定してしまえば全く問題無いどころかストレスが無くなります。


ご覧の通り可動は超優秀です。HGグレイズでは殆ど動かなかった腰の回転は360度可能で立て膝も無理無く美しく決まります。


靴は小さめですが接地性も極めて良好です。


更に踵部分に転倒防止用の板が仕込まれておりこれを展開させることで安定したポージングが可能となります。


手首も斬新な構造となっております。


このように前後スイングが可能です。完成後手首を分解することは無いので手首の外装パーツは接着しポロリ防止しています。


ライフル。


外見もカッコ良くハンドリングもし易い。このデザインは大変気に入っております。


ロングバレル状態にすることも出来ます。この辺はグレイズ譲りですね〜


2体作ったので2丁拳銃状態にも!!





2体仲良く射撃!!


個人的にはショートバレル状態が好みです。


ガンカタっぽく。




ライフルのマガジンを取り外して肩装甲に装着出来ます。


ライフル本体はお尻に懸架出来ます。


同じ形状のスリットが他にもあるのでサイドアーマーに懸架させたりすることも出来ます。


続いてガントレット。


ガントレットの接続は前腕のコの字状の突起にて行なうのですがやや曖昧な接続方法で個体差も多少はあるかとは思いますが私のものはカッチリ嵌りませんでしたので瞬着で突起を少し太らせて取り付けています。


取り付けにやや手こずりましたがこれまたカッコ良い装備です。




ツインパイルはキットひとつにつき二本付属します。


本来試作武装だったそうですがジュリエッタが好んで使用していて事実上の専用武器になっているそうです。


ガントレットと併用する際は位置が非常にシビアでほぼ角度固定です。


手首のスイング軸を最上部にしパイルは下向きに持たせて同時使用します。


ツインパイルの先端はグラデーション塗装しています。




ジュリエッタ「グレイズとは違うんです!」


ツインパイルの先端(組立説明書の開設によると柄の底面だそうです)は取り外して付属のリード線に接続してこんな感じに射出状態を再現出来ます。


リード線はキットひとつにつき一本付属しますので両方射出させたい場合は2体分使うかカットして使うかする必要があります。


ユーゴーもそろそろ制作に入りたいところですが完成は来年になりそうですね〜

鉄血系の機体はやたらとこのリード線を使う武器が多いです。アインも対阿頼耶識に上手く使いこなしていましたし何かと便利そうです。


HGグレイズと比較。
私のHGグレイズは腹部を5mm延長しています。


流星号、グレイズ改も同じく5mm延長しています。これらも来年の早い段階で完成させたいところです。


今回のレギンレイズもグレイズ同様頭部がパカッと開きます!


なんと三つ目です!!!


隊長機用のブレードアンテナの生えた頭頂部パーツも付属しますがイオクの印象が強過ぎて(笑)


グレイズの後継機として鳴り物入りで登場したのは良いのですが今ひとつピリッとした見せ場がありませんが私はかなり気に入っています。


このパーツはキット一体につきひとつ付属します。


お尻に付けてモデラーオリジナルのカスタマイズなどに使ってください的なパーツとのことです。


HGIBA MSオプションセット5に付属のバスターソードも今回一緒に作ってみました。この手の武器を持たせたとき手首のスイング可動が非常に活躍します。


そう言えばなんでレギンレイズだけ「モビルレギンレイズ」って名前の商品名になったんでしょうかね。モビルグレイズとかモビルユーゴーとか聴いたことないですからね。小さなことですがそういった面も含めて私にとって特別なガンプラです(笑)


ということで付属品一式と追加武装で御座います。


ということでHGIBOレギンレイズでした。
非常に良く出来たキットでグレイズから大幅な進化を成し遂げたキットです。まず外装面で合わせ目消しが必要な箇所がありません。股間ロール部分にモナカラインが入りますが消さなくともまず目立ちません。キットそのものの弱点は太腿の外装がポロリし易いくらいです。

そして腰が360度一周回転し立て膝なども美しく無理無く決まります。個人的な感想になりますがこのレギンレイズに関しては設定画よりもキットの方が断然カッコ良いと思います。立体映えするというか設定画よりもメリハリのある体型になっています。

ですが劇中での残念さが際立ちますね(笑)
イオク様はおっちょこちょいですしジュリエッタも今のところ獲物を三日月から奪い取ることも叶わず、この機体で大活躍しているとは言い難いですし、イオク様お付きのレギンレイズは先日モビルアーマーハシュマルとプルーマにボッコボコにされました(泣)今後の活躍を期待したいですがどうなりますかね〜

それでもですね、立体物としての魅力に溢れていますし私としてはまた必ず本キットを制作してみたいと思います。次作る時はジュリエッタ機として素直に作りたいと思いつつも赤と青の2体編成でメリクリウスとヴァイエイトみたいな感じにしても面白そうです。

ということで5日連続で完成報告を投稿しましたがこれで手持ちの完成品は一通り投稿し終えました。2016年も残す所あと半月となり後何体完成させることが出来るか楽しみです。ということでご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください