HGPG プチッガイ
黒い完成報告。

000a
HGPG プチッガイ完成しました。
当ブログでは取り敢えず二体購入しましたが最初の一体目はご覧の通り光沢黒で仕上げました。

000b
正直に申しますとガンタンク初期型を仕入れに行った際に一緒に店頭に並んでいたので「何となく買った」というのが本音だったのですが思いの外エンジョイ出来ました。素晴らしいキットです。

001
正面。
月並みな配色かもしれませんがバシッと決まりました。その反面愛嬌もありとにかく良い塩梅に仕上がりました。かなり気に入っております。

002
背面。
リボンはメタリックレッド。

003
首は360度回転します。耳もそれぞれ360度回転します。

004
胴体と脚部に合わせ目が出ますのでそれらはキッチリ消しております。頭部はの合わせ目は段落ちモールドとして処理してあったのでキットの方針を尊重致しました。

005
目玉を何色にするか相当悩んだのですが白にしました。黒にしても面白かったかも知れませんが可愛さ重視で行くならこの配色で良かったのかなと思います。

005b
トップヘビーですが一応ちゃんと自立します。

006
背面に3mm丸穴があるので躍動感のあるポージングで飾りたい場合は市販の汎用スタンドを活用すると幅が拡がります。

007
今回思いのほか光沢トップコートが上手く乗り、コンパウンド要らずでピカピカです。転向に恵まれました。

008
よくよく思い返してみると光沢ブラックというカラーリングは子供の頃に作ったカーモデル以来で撮影時は静電気による埃付着と反射に悩まされました。実物は写真より更に瑞々しい質感です。

009
私は幸いにして出荷日に入手出来ました。
今日仕事の合間にそのお店に行ったら跡形も無く完売していました。200箱以上仕入れていたのに。。。かなり売れているようですね〜

010
イベント限定キットやクリアパーツ化、企業コラボ等がおいおい登場してくるでしょうからその前に欲しい色で完成報告出来て良かったです。

011
専用のスタンドが付属します。
本体の塗装剥げ防止のために接続部分の塗膜を削っておきました。

011b
本体のデザインも素晴らしいものがありますがスタンドも負けず劣らず素晴らしいデザインでプチッガイの世界観にマッチしています。

012
シンプルな作りですがこのスタンドに接続するだけで一気に安定感が高まりますし、演技の幅も拡がります。

013
早速また作りたくなってきました(笑)

014
華麗にスライディング!

015
座ったポーズもまた素晴らしいです。
この辺りはジオン水泳部のDNAが脈々と受け継がれている事を思い出させてくれます。

016
適度に無表情なのでポージングひとつで陽気な感じにもアンニュイな感じにも見えます。

017
アングルひとつ変えただけで表情が変わって見える奥の深いキットです。

018
HGUCザクF2と大きさ比較。

019
続いてRGガンダムと。

020
おっと載せ忘れてました。
これは下校中のようなポーズ。

021
チェアーストライカーとの接続はPS同士の接続になります。
塗装するとキツキツになるので軸を全部挿さずに取り付けるのが破損を防ぐコツのようです。

022
これは素晴らしいギミックですね(笑)

023
手つなぎパーツも取り敢えず黒に塗っておきました。接続部分は破損防止のために塗膜を削っております。

024
箱、付属品と一緒に記念撮影。

025
次回予告はこちらです!
ということで新シリーズ?HGPGプチッガイ「黒光り」バージョンの完成報告でした。

非常に楽しめました。当ブログでもタイミングを見てまた色々な配色や仕上げで楽しんでみたいと思います。



This entry was posted in HGPG_プチッガイ and tagged , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*