HGTO MS-06R-1A
高機動型ザクll(ガイア機)
完成報告。

000a
オリジン版06R完成報告です。

000b
まずはガイア機から。
アニメ版オリジンの劇中に登場した両肩シールド&はげ頭バージョンと、スパイクアーマー&ブレードアンテナを取り付けた状態どちらも再現出来るようにしています。

001
三体同時制作でしたので三回に分けて完成報告をしていこうと思います。

002
正面。
従来のザク系キットと比べてスパイクアーマーが小型化されており遠近法が効いたようなプロポーションが新しい感じです。

ご覧の通り関節部分以外は光沢仕上げです。

黒ザクは「ヤン車」っぽく仕上げたくなります。ちなみに腰部装甲の白いラインは塗装で再現しています。

003
オリジン版シャア専用ザクのリデコキットなので途轍も無い可動範囲です。史上最も可動範囲が広い06Rとなっています。

004
躍動感のあるポーズも余裕で取れます。

005
胴体、肘、膝廻りの可動範囲が非常に広いです。

006
ザクマシンガンが付属します。

007
オリジン版では初のキット化です。

008
バックパックは面倒でしたがMSV風に一部白で塗り分けしました。

009
HGUCザクF2と。
どちらもカッコ良いです。

010
スタンド接続用はリアアーマーの3mm丸穴を主に使ってみました。本来の用途とは異なるのかも知れませんが使い勝手が良いのです。

付属のスタンド接続パーツも付属します。当ブログでは使わないことが多い部品ですが今回はは少し改造して活用してみました。後述します。

011
モノアイは頭部を一度取り外して嘴の裏にあるレバーを左右に振るいつもの方式ですがこの機構はモノアイを動かす度に頭部を外さないといけないので面倒ですし嘴部分に要らぬ負荷が掛かり破損の元なのでヘルメットを取り外して直接動かせるようにしております。当ブログお馴染みの方法です。

012
水転写デカールはHIQパーツの箔デカールをメインに使用し、ジオンマークや機体番号等はキット付属のテトロンシールで再現しております。

013
可動範囲が広く余裕があるのでひとつひとつのポーズが自然に決まります。

014
ザクバズーカ。

015
予備の弾倉はシールドに装着出来ます。

016
大きめに造形されており非常に見栄えがします。

017
ザク本体の可動範囲の広さとグリップ部分のスイング可動する機構のお陰で無理無くハンドリング出来ます。

018
特徴的な06Rの足回りは毎度の如く部分塗装が多いですがやる価値はあります。

019
モノアイは手芸用の貼り付けガラスを使用しており光をよく拾います。

020
ザクバズーカのセンサー部分も貼り付けガラスです。

021
銃器関連は黒サフ+ライトガンメタルで塗装しています。実際はプラ製且つモナカ割りなので当然軽いですが見た目の重量感が出るので最近とても気に入っている塗装方法です。

022
オリジン版シャア専用ザクのパーツが余剰として付属するのでお尻に懸架することも出来ます。バックパックに干渉しますしそもそも組立説明書で使用出来ると謳っていませんので自己責任アイテムとなるかと思います。

023
お次はヒートホーク。

024
昔はスカスカで持たせるのが大変だったのですが最近は径が調度良い塩梅で造形されており持たせ易く進化しています。

025
左手でばかり持たせていますが勿論右手でも保持可能です。

026
収納状態のヒートホークが別途付属しサイドアーマー等に装着出来ます。

027
収納状態と展開状態で結構形状が異なります。

028
刃も収納されておりこの辺りの細かい設定イラスト等があれば是非見てみたいです。ジオン脅威のメカニズムです。

029
お次は対艦ライフル「ASR-78」。

030
オリジン版シャア専用ザクの時から付属しているもはやお馴染みの武器です。非常に迫力ある造形とサイジングで素晴らしい出来です。

031
非常にサマになります。

032
見た目に反して軽いです。良く出来ています。

033
シールドのエンブレムや機体番号等は付属のテトロンシールです。

034
立て膝も似合います。

035
ハードボイルドなデザインで飽きの来ない武器です。

036
シールドの裏は赤く塗ってみました。兵隊やくざっぽさが出たかと思います。

037
あと何回黒い三連星の機体を作るのか。。。(笑)

038
銃持ち手はしっかりと嵌合しますので外す際は爪楊枝等を使って分解すると塗膜にもダメージをあまり与えること無く取り扱うことが出来ます。

039
ということで対艦ライフルでした。

040
センサー部分は大粒の貼付けガラスを使用しています。赤いケーブルはビニール被膜銅線です。

041
劇中に登場した両肩シールドを再現出来るようにしております。

042
ヘルメットもアンテナ無しバージョンに差替えてこんな感じになります。

043
最初見た時かなり抵抗がありましたがいざ立体として完成させるとこれはこれでカッコ良く見えてくるから不思議です。

044
第一話冒頭ではザクバズーカを使用していました。

045
当時の面影も尊重しつつモダンにリファインされた06Rが動いている様を劇場で観ることが出来るだなんて思ってもみなかったので大変感動しました。

046
今回の三体同時制作には四体分のパーツを使用しているのでテトロンシールの余りを使って両肩とも同じエンブレムや機体番号のテトロンシールを貼ることが出来ました。

047
ザクにしては単価もそこそこしますので私にしては結構奮発しました。

048
掲載忘れていました。ザクマシンガン近影。

049
スタンド接続パーツを今回珍しく使ってみました。塗装もしました。

050
ただしそのままだとアクションベースにしか取り付けることが出来ないのでこのように裏に5mmプラ角棒を嵌め込んだ後、3mm丸穴を開口しました。これで使い勝手がだいぶ良くなります。

051
付属品一式と記念撮影。

000c
ということでオリジン版06Rガイア機でした!

黒い三連星ということで三体同時制作したのですが後ハメ加工が必要な箇所が多かったり、塗り分け箇所があったりするなどなかなか骨が折れました。

制作工程が三倍なら投稿も三倍ということで次回はマッシュ機、その次はオルテガ機ということになります。本質的には同じキットなので口数が少なくなるかとは思いますが(笑)次回もご期待ください。

This entry was posted in HGTO_高機動型ザクII and tagged , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*