HGUC No.43 リック・ドムⅡをつくる。


今回バズーカを作りました。


ABSパイプとタミヤのプラパイプを中心に自作。
弾倉とグリップをキットから持ってきました。


グリップは平坦なところに直線的に取り付けるのは簡単ですが敢えて段差を跨いで形状的な複雑さも求めました。


位置合わせしたら瞬着でガッツリ固定。
更に追い討ちをかけるように真鍮線を前後に撃ち込み完全に固定。


その後ジャンクパーツをあれこれ組み込んで形にしました。


後部にはネオジム磁石6ミリ径を三連発で仕込んでおきました。
立てかけて持たせる時台座などを用意して磁石で接続したいといった完成後の拡張性を考慮してのものです。

最終的にはこの辺はノズルパーツ等を使って塞ぎます。


ジャンクパーツはガンプラのみならずスケモからも引っ張ってきました。

細かいセンサー等の部品は塗装の便も考えてまだ着けていませんがパーツも揃えていますし脳内で完全に段取りが出来ていますので塗装後組み付けるとは言え完成したも同然だと思っています。


持たせてみました。
写真では斜めに傾いて見えますが実物は真っ直ぐです。


フォアグリップも可動式でジャンクパーツを加工して製作。


ですのでフレキシブルに両手持ち出来ます。


これでかなりの部分が形になりました。
ここからは本体を中心にブラッシュアップに入ります。

ようやく完成までの道筋が見えてきましたね、まだまだ先は長いのでしょうがここから先は脳内にあるレールを辿っていけば自ずと完成となる筈です。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください