RE/100 ヤクト・ドーガをつくる。


今日はプラモの時間が殆ど作れなかったのですがなんとか手を動かすことが出来ました。

バックパック裏面の肉抜き穴埋めを行いました。


バックパック裏面の肉抜きが位置的に完成後もかなり目立つんですよね。なんとかしたいものです。


作業を行うにあたり一旦バラします。
KPS の感触が非常に気持ち良いです。
組みやすくバラし易くポロリしない。無調整で絶妙な勘合となっております。


ウェーブのHGディテールパンチ台形を使います。


タミヤのプラペーパーをディテールパンチでバンバン撃ち抜いて貼っていきます。


このやり方の素晴らしい点は殆ど重量が増えないという点です。軽量でありながら濃密なディテール表現を加える事が出来ます。


一旦取り付けてみました。
これで完成後ちらりと見えるバックパックの裏面が隙のないものとなる筈?です。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください