HGUC NRX-044 アッシマー
完成報告
MA編。

000

予定より二日程投稿が遅れましたが、HGUCアッシマー完成報告MA編であります!

001

ここは流石に大河原デザイン。
氏のデザインは必ずどこか「愛嬌」漂います。

こういう「憎めなさ」とかはおいそれと簡単に真似出来るものではないですね。偉大です。

002

今回改造した箇所のひとつが股関節でして、MA時とMS時で付け根の位置を移動させる機構を入れています。

003

但し塗面を大きく削ります(笑)
MA時には更に90度下側に回転させます。

004

足も膝関節を脛内に収納します。この辺のギミックは本当に素晴らしいです。

005

ガウォーク形態一歩手前。足は一旦長めに展開してみました。

006

ガウォーク形態。これがまた非常にカッコ良いです。

007

角度を少し変えて。
艦載時はこの状態で格納されていましたね。

008

変形完了。
あの大柄なMS形態がコンパクトな円盤型MAに変形します。
というかこれがアッシマー本来の姿ですね。

009

正面から。
脚部がぐらついていますが、私のポージングが雑なだけでちゃんと水平になります。

010

側面。

011

背面。

012

キット付属のスタンドがまたいい仕事しております。
この頃あたりからスタンドを用いた展示の重要性が語られだした記憶があります。

こういうスタンドやアクションベース等が登場する遥か昔、浮かせてディスプレイしたい時は真鍮線を股間にぶっ刺して浮かせてたとか若い人が聞いたら驚きそうですね(笑)

013

上から。
固まり感って言うのでしょうか。
非常にまとまりが良く収まっています。

014

ではではここからはしばし夢の競演、アンクシャと!!

015

完全変形と組み替え変形の差こそあれど、どちらも甲乙付け難い見事な変形を披露してくれます。

016

競演ここまで。

017

スタンドの裏側には余った手首を収納出来ます。
この辺も隙がない至れり尽くせりな内容であります。

018

お約束のカエル形態。

019

とまあ、二回にわたってお送りましたHGUCアッシマーですが、相当昔にリリースされたキットとは思えぬ合わせ目皆無、色分けほぼ完璧、完全変形という内容で相当優等生なキットです。

MS時のポージングにやや難があるというのは本機の性質上致し方無いのかも知れません。

劇中での活躍を観てしまうと、手を出さずにはいられないキットだとは思いますのでお好きな方は買って公開することはまぁまず無いのではないでしょうか?

ということで今回はここまで。次完成するのはガーベラ・テトラかマラサイか。はたまたメッサーラなのか7年間放置しているジ・Oなのか???

嬉しい悩みはつきませんが取り敢えずこんな感じで締めくくりたいと思います。







This entry was posted in HGUC_アッシマー. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*