HGUC NRX-055 バウンド・ドックをつくる。


ある程度作業が終わってから投稿するつもりでしたが今夜投稿する時間を作れない可能性があるので現時点での進捗報告を行います。


まずビームエフェクトのグラデーション塗装を行いました。
クリアーイエローはガイア、クリアーオレンジはFinisher’sのものを使用しました。


結構広い面のあるパーツがあるのでBMCタガネを使ってモールドを追加していきます。久しぶりにHIQパーツの筋彫りテンプレートを使います。


あと今年使い始めた「ホビー用マス目シール」も活用していきます。


半透明の大判シールにマス目が印刷されており任意の図形をモデラー側が描く事が出来るスグレモノです。


便利とは言ってもこれもある程度は慣れが必要なので最初は余剰パーツやプラ板相手に色々トライされてから本番作業に入ると良いです。


いざ刃を入れてみて分かったのですがピンクの整形色も関節パーツ同様 KPS っぽいです。摩耗に強いですがBMCタガネの刃との相性は悪いので慎重に根気強くモールドを彫っていきます。


濃紺のスネパーツはタミヤセメントの塗りつけが足りなかったのか少し隙間が残っていたのでタミヤのラッカーパテで追い討ちをかけておきます。


合わせ目消しを優先したかったので膝付近の黄色い三角形パーツも取り付けてから接着しました。

ですが、構造的に接着後もアクセス出来る場所に取り付けるのでもしかしたら私のように接着せずに後から取り付ける事が出来るのかも知れません。

これについては二機目を入手して作る際に試してみたいと思います。本日日中にヨドバシに立ち寄る機会がありそうなのですが、バウンド・ドック売れ行きどんな感じですかね?

売り切れていたら嬉しい反面寂しいものがありますし、山積みのまま売れ残っていたらそれはそれで非常に悲しいものがあります。

作り易さと作り応えのバランスが絶妙でプロポーションも美しく魅力的なギミックも実装された非常に良いキットで5,500円の価値が充分ありますので興味のある方は週末のお供に是非。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください