ハセガワ 1/72
SR-71A ブラックバード
w/D-21B ドローンをつくる。


ブラックバードの方も佳境に差し掛かってきましたので投稿します。


樹脂製容器に石膏をたっぷり充填しプラ板で蓋をしたものを整形しました。


そこにパネルラインを彫っていきました。


最終的にコンクリを模した仕上げにするつもりです。


同スケールのグランドクルーセットからいくつか持ってきて試しに乗せてみたのですが良い感じです。時間に余裕が出来ればこの辺もいくつか登場させてみたいと思います。


本体の黒塗装は終わり、銀塗装したい部分以外マスクしています。並行して台座も制作していきました。


巨大な機体なので支柱は2本使いました。


ただ、位置合わせがなかりシビアで前方の支柱がしなってしまいました(笑)これは無様でイケてません。なんとかしたいところです。


という事で機体との接続ポイントにコトブキヤの関節パーツ「M.S.G モデリングサポートグッズ メカサプライ18 ジョイントセットD」を使用しました。これは本当に便利で金があれば10袋くらい買い込みたいほど最近私は多用しています。もうこれなしではやっていけないくらい重宝しています。


これで綺麗に飾れそうです。


まだ完成していませんが、この時点でかなりカッコ良いです。


ドローンも塗装開始しました。SR-71 本体同様に黒サフ → アルティメットブラックの順に塗装。


いよいよここから銀塗装を行います。


銀塗装なんですが、基本的にEXシルバーを主体に塗っていく予定です。


任意のパネル単位でシルバー系塗装を変えて塗ってみようと思います。


当ブログであまり出番のなかったスーパーメタリック2なども使うかも知れません。

それ以上に下地をどうしようかと悩みますね、EXシルバーを吹いた上に他の銀塗料を乗せるか都度都度黒下地を作り直して乗せるかで発色も丸っ切り変わってくるでしょうし。


余談ですが伝統のクレオス8番も持っています。高性能な銀塗料があれこれ登場してもう滅多に使いませんがね。昔はクレオスと言えばこのキャップだったのです。これが開け閉めし易くて重宝するんですよね。


恐る恐る中身を見てみましたがまだ健在でした。この塗料も大往生する前にどこかで活躍回を作っておきたいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください