HG 1/144 ガンダムベース限定
ド・ダイ改
21st CENTURY REAL TYPE Ver.をつくる。


4月の誕生日プレゼントにいただいたドダイ改もご無沙汰でしたが作っていっております。


内部にネオジム磁石を仕込むことにしました。
完成後内部で磁石同士引っ張りあって位置が変わらないようプラ材をカットして間仕切りを仕込んでいきます。写真の白いパーツがそれです。タミヤの5ミリプラ角棒を使いました。


プラ角棒は数年前歌人に買ってもらったウェーブのレザーのこ&ガイドボックスを使って切り出しました。これを使えば迅速且つ丁寧に必要なパーツを切り出す事が出来ます。


ドダイ改の進捗が遅れてしまっていた最大の要因は上に何を乗せるか決まらなかったから、というのが本音でして先月末の HGUC ディジェの再販を逃してしまいましたし、ネモはなかなか再販される気配さえない中、我が家のガンプラ墓場に突っ込まれていた頭とシールドの無いジムスナイパーⅡにEz-SRの余剰パーツを組み合わせて連邦系或いはエゥーゴ系機体をでっち上げる事にしました。


靴には辛うじてネオジム磁石を仕込むスペースがありました。通常よりも薄手の磁石を仕込む事でギリギリ収まりました。


これでかなり傾いた姿勢でも自立します。


まぁ保持力はギリギリなのでちょっとイレギュラーな振動が加わるとがたんと落ちますが。


結構際どい角度でも自立出来ますが、ド・ダイ改自体を傾けてディスプレイさせようとしたら流石に倒れて落下しました。


振動には弱く、こんな調子で倒れたりドダイから落下してしまったりしますので場合によっては極力目立たない方法で軸接続出来ないか模索してみたいとも思います。


普通にレバーを握らせてうつ伏せにする分には問題ありません。


ジムスナイパーⅡの膝〜脛装甲は別パーツ化されていますのでこれの内側にネオジム磁石を仕込むスペースがあれば埋め込んでおきたいと思います。


モビルスーツの接続方法がある程度確立したら、上下モナカ合わせ部分を接着し合わせ目処理したいと思います。


今月は飛行機模型を作る時間を作れそうになかった分このド・ダイ改をカッコ良く完成させたいと思います。


という事で今回は以上です。
これも月内完成を目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください