HG 1/144 ガンダムベース限定
ド・ダイ改
21st CENTURY REAL TYPE Ver.完成報告。


ガンダムベース限定商品 HG 1/144 ド・ダイ改 21st CENTURY REAL TYPE Ver. 完成しました。


せっかくのサブフライトシステムなので何か乗せてみようと思い、手持ちのジャンクプラモの部品を使ってGM系MSも並行して作ってみました。


標準的なMS二機を乗せる事が出来ますのでかなりの巨体となっております。


左右に独立して張り出しているエンジンユニット前方のインテークと後方の排出口は後ハメ加工。


機体中央部にある左右インテークの挟み込み構造は後ハメ加工が無理だったのでマスキングして塗り分け。形状的にやや難易度が高いかも知れませんが丁寧にマスクすれば問題なく塗り分ける事が出来ます。


機体下部。


3箇所にランディングスキッド。


見た目は誠にカッコ良いですが、これどうやって離着陸するんですかね。途轍もない摩擦係数で出撃〜帰還の度に脚や機体下部が擦り切れそうです。


差し替えで脚収納状態も再現出来ます。


脚収納カバーはピタリと高精度で嵌まりますが、梃子の原理で簡単に取り外せる優れた設計となっております。


浮かせる時はアクションベース1が必要です。


あの薄らでかいアクションベースがこじんまりとして見えますからね、それくらいド・ダイ改は巨大です。


キット付属の水転写デカールとHIQパーツの水転写デカールをメインに使用しました。


水転写デカールは全てマークセッターを塗布してしっかり貼り付けました。


フットレストは挟み込み構造でしたが後ハメ加工しておきました。


スライド展開するフットレストは塗装ハゲが怖かったので機体前方を上に傾けたら自動的にスライドするくらいしっかりとしたクリアランス調整しました。


ガンプラ墓場からサルベージしてきたパーツを使ってGMを作りました。

折角サブフライトシステムを作るのだから何かMSを乗せておこうという程度の気持ちで作ったのですが、思いの外良い感じに仕上がってかなり気に入っております。


上腕にネオジム磁石を仕込みました。赤丸で囲った部分です。


こんな感じで接続出来ます。後述しますが左右どちらの腕にも接続出来るようにしています。


HGUC ジムスナイパーⅡベースで製作しており、胴体部分で約2ミリ延長、股間ブロックでも数ミリ延長、上腕部も2ミリ延長しよりスマートな体型に改修しました。


足裏には、


ネオジム磁石を仕込んでおり、


ド・ダイ改側にもそれを受ける形でネオジム磁石を仕込んでおきました。


それによってこんな調子でMSを乗せても比較的安定した保持が可能となります。まぁさすがに揺さぶったり傾けたりしたら簡単に落ちますが、何にも仕込まない状態と比べたら雲泥の差があります。


二本足で自立させる事も出来ます。


グリップは着脱式で展開状態と収納状態を再現しますが、頻繁に着脱する事を考慮してか収納状態のパーツはかなり緩めの保持力なので紛失注意です。ここがギチギチだと破損や塗装ハゲの問題もありますからメーカーとしては極めて妥当な嵌合調整であると言えます。


差し替えでグリップ展開。


非常にゆとりのあるスペースが確保されております。


美しい。


本キットのようにガンダムベース限定で構いませんのでこの勢いで HGUC ドダイ出せませんかね。手持ちのグフ 21st CENTURY REAL TYPE Ver. と一緒に飾ってみたいものです。


手首はビルドハンズに置換していますので、銃を左右どちらでも持てます。


但しビルドハンズの仕様上、人差し指がトリガーにかかる銃持ち手は付属しません。私は正直あまり気にならないんですよね。それよりも穴の空いていない完全な握り拳が左右分あるか否か、自然な表情の平手が左右分あるか否かを重視しておりそういった点からこんかいビルドハンズを採用しました。


連邦系の機体ですが、手首の形状は丸指を使用しサイズはMがジャストフィットしました。


先日念願の再販がされたMSエフェクト01を早速使いました。


無色透明のビームエフェクト群は用途に応じて好みの色で塗装出来ますから非常に便利です。


迫力のある造形故がポージングの幅を広げ、プラモに躍動感を与えます。


グラデーション塗装に使用した塗料はガイアノーツのクリアーブルーです。非常に美しい発色をします。


クリアーブルーによるグラデーション塗装は尖端部分を濃い目に、柄に近くに従って薄めにグラデーションをかけています。


本体及び付属品一式。
このシリーズは箱がカッコ良いです。

あと一年戦争ネタ以外でのリアルタイプカラーキットというのはガンプラ史上初なんじゃないですかね。

スケールモデルの別売デカール一枚買うだけで数千円かかる、なんなら本体より高いなんて話はザラにありますが、こちらは水転写デカール込みで1,650円(税込)です。買ってもらっておいてこんな事いいうのは品がありませんが、驚異的な安さです。


という事でガンダムベース限定ド・ダイ改完成報告でした。

今回もヤフオクに出品致しました。何卒宜しくお願い申し上げます。

デカくてカッコ良くパーツ構成も極めて秀逸でプラモの基本工作能力を試してくるような要素も適度に盛り込まれており作っていて誠に楽しいキットでした。

先日HG 1/144 ガンダムベース限定 ガンダムMk-II(21st CENTURY REAL TYPE Ver.)が発売されたようなのでそれのお供にぴったりだと思いますし、 HGUC ディジェ、ネモ、百式等との親和性も高いと思います。私は生憎そのいずれも入手出来ませんでしたので手持ちのジャンクパーツを組み合わせて連邦系機体を一気でっち上げたわけですが、これもまたなかなかに楽しい政策となり結果的にガンプラ品不足のお陰で完成させる事が出来ました。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください