HGUC ゲルググJをつくる。


当初は今日完成報告するくらいのイメージで製作していたのですが、私の力量ではここまででした。


肩アーマー前部のスラスターは別パーツ化されていたのですが、17年近く「プラモの墓場」ボックスで放置していた間に数回の引越しやら箱をひっくり返して中身が溢れたりを繰り返してきたために細かいパーツはごっそり紛失してしまっていたため、ウェーブのUバーニアに置換。そのままではフィットしなかったので肩アーマー側を慎重に削り現物合わせで組み込みました。


リアスカートも同様に細かいパーツの類は全て紛失していたので手持ちのお助けパーツやジャンクパーツを駆使して何とか形にしていきたいと思います。


股間ブロックは若き日の私が無謀な加工にトライしつつ失敗した挙句、そのまま放置され激しく損傷していたため、プラ板とラッカーパテでまず補修していきます。


こんな感じで形を出しました。後ほど捨てサフを吹いて様子をみます。


補修が終わればプラ板を充てた箇所に角形バーニアを取り付ける予定です。


バックパック関連のパーツはバーニアと側面パーツ全てロストしていたので手元にあった余剰バーニアとお助けパーツを工面しました。

アンテナは基部でカットし真鍮パイプや真鍮線等を駆使して精悍な仕上がりを目指します。


脇のスラスター?はなぜか右側(写真では左側)前部が切り抜かれていましたのでそのままではかなりまずいです。


手元にあったお助けパーツを見繕って取り付けてみました。これはコトブキヤですかね。


今回手首をビルドハンズに置換しますのでビームライフルのトリガーは削除しグリップの形状もフィットさせる必要があるため、自作するかプラ材でグリップの厚みを増すか何らかの改修が必要になると思います。

あとスコープ部分のパーツが半分ロストしていたので、基部からカットしここはジャンクパーツ等を駆使して自作するつもりです。今夜にでもやっておきたいと思います。


この段階で組めるところまで組んでみました。


当初この状態だったものが、


だいぶまともな感じに纏まりつつあります。
しかし肩アーマーのスパイクがまるでイケていません。途中でカットされてしまったようになっていますのでここは延長が必要になりそうです。

私の場合ゲルググ系の肩アーマーは手を出すと手こずって工期が大幅に伸びる傾向にありますので、慎重且つ適切な工作に徹したいものです。


あと全腕部のビームガン?だか機銃だかの銃口パーツも紛失していたのでここも何か見繕う必要があります。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください