HGUC ガンキャノン
21st CENTURY REAL TYPE Ver.をつくる。


基本塗装がもうすぐ終わりそうです。


本当はこのまま水転写デカール貼りに移行しようかと思ったのですが、こうして仮組みしてみるとビームスプレーキャノンの基部が白いままだといまいちメリハリに欠けるような気がしたので別の色で塗り分けようか検討中です。


関節部分は黒サフ → アルティメットブラック → ガンメタルの順に吹いたのですがかなり黒めの色合いになってしまい背景に使っているハイミロンにやや溶け込み過ぎているように見えます。

※脚部が左右逆になっておりました。失礼致しました。


光量多めに撮影すると一応輪郭が見えますが、


この写真の方が実物に近く、ガンメタ部分が背景に溶け込み過ぎてしまいます。結構渋い感じ気に入っているのですが写真写りが少々悪くなってしまっています。


ただ今回エッジ部分にタミヤエナメルを使って銀のハゲチョロ塗装を行うつもりなのでそれである程度輪郭が浮き上がるのではないかと期待しています。


白い部分は純白ではなく、


クレオス311番を使っています。下地は白サフです。

赤い部分はクレオスの81番あずき色。こちらの下地はピンクサフです。

キャノンの接続部分を塗り分けたらスミ入れと水転写デカール貼りを速やかに行い、完全乾燥後一次トップコートを吹いてエナメルドライブラシでハゲチョロ塗装を行う予定です。

余程イレギュラーな予定が入らない限り今週中に完成報告出来る筈です。現在並行してあれこれプラモを作りながら昨日新たに連邦系MGをふたついただいたのでそれの制作も割り込んでみたいと思います。

制作したい完成させたいキットがどんどん溜まってきているので今月はかなり忙しくなりそうです。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください