BANDAI SPIRITS
HGUC キハールⅡをつくる。


キハール Ⅱ の塗装を行なっています。


まだ塗り終わっていない箇所も結構あるため現時点で組めるところまで組んでみました。奇妙な異形のシルエットが実に当ブログ向きです。こういう怪物的なデザインのプラモがどんどん出て欲しいです。


一次販売の際即予約して6月発送か随分先だなまだかまだかとほざいて置きながらいざ到着するとそのパーツ量に気後れして気づけば開封から1ヶ月以上経ってようやくここまできました。


以前リデコ元のウーンドウォートを二体作った事もあり仮組みせずにこのタイミングで今更仮組みです。


開封時も塗装時も仮組み前もパーツ数が多くて億劫だったのですが、いざ組み立ててみると立体パズル的なパーツ構成でかなり楽しく組み立てる事が出来ました。


角度がピタリと合った時スっとパーツ同士が吸い付くかのように組み上がっていくので組立てエクスタシーが凄いです。


KPS と通常のPSの勘合具合が実に気持ちが良いです。これは一般販売して多くの方々にこの感触を堪能していただきたかったです。


久しぶりにBMCタガネ無双して相当モールドを追加しているのですが色が濃いめの箇所は写真では殆ど見えませんね(苦笑)


自分が想定していたよりかなり地味めな感じになっております。

ですが水転写デカールでコーション類の情報が追加されると途端にとっ散らかってしまう場合もあるのでここであまり慌てない方が良いかも知れません。様子を見ながら塗り分け箇所を増やすなどして模型的な見栄えを追求してみたいと思います。

今回も台座を自作する予定です。


出来れば明日、明後日、明々後日くらいには完成報告がしたいなと思います。という事でご期待ください。

※2020年7月31日現在、プレバンで三次販売分の受付がされております。


あと本日これを調達してきました。
現ナマがいよいよ厳しくなってきたのでこういう時のために温存していたヨドバシポイントを使用しました。

腰アーマーが軟質パーツとのコンパチ仕様といいう新機軸に挑んだ意欲作との事らしいので1体は久しぶりに武器と関節だけ塗装して後は簡単フィニッシュしてみましょうかね。

もう一体は多くの方がトライされるであろう量産機カラーで仕上げたいと思います。ぱち組レビューや製作記事はそれこそ星の数ほどあちこちで投稿されましょうからそちらにお任せして私は電撃作戦的にぱぱぱっと完成させてみたいところです。

ガンプラネタも結構詰まってきたので急いで手を動かしていく予定です。という事でこちらもまたご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください