HGUC ネオジオング をつくる。


プロペラントブースターの塗装を行いました。


グレーサフ吹いて部分的にレディッシュウォームホワイト。


この頃はまだ0.3ミリダブルアクションでなんでも吹いていたのでサフもまだらです。


レディッシュウォームホワイトが乾いたら6ミリマスキングテープで警戒ストライプを表現。

こんな調子で下準備しました。
この作業が先月くらいに終わっておりました。


その上にガイアノーツのブライトレッドをぶしゅっと吹き付け。


0.5ミリシングルアクションのハンドピースで吹いたので大面積のベタ塗りはお手の物ですが、塗料の消費が半端なかったです。まこればかりは仕方がないのかも知れません。

そして更にマスキング。


お次はくれおすのあずき色をベタ塗り。


ここ3〜4年で少しずつあずき色を買い足しておきました。ネオジオングのためです。


これだけでかいものをベタ塗りだけで済ます勇気が出なくてマルーン系の塗料でシャドウ吹き。上半身では吹かないかも知れませんが非常に良い発色です。

ガイアノーツのメカトロウィーゴカラー「まるーん」を使用しました。個人的にはどのマルーン系塗料よりもマルーンらしい色だと思います。240ZGの塗装にも使うつもりです。


という事で今回は以上です。
本日中に投稿したかったので全てのマスキングテープを剥がし切っていませんが、概ねこのような方針で作っていっています。

いただいてからかれこれ5年前後経ったでしょうか。ようやくどういう方向性で仕上げていくか自分の頭の中でイメージが固まってきました。

今月中にプロペラントブースターを完成させ来月中に下半身を仕上げたいと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください